2022年01月06日

あけましておめでとうございます

quotemraz_title.png

あけましておめでとうございます。去年はあらゆる災厄が降りかかり、19回連続で後攻を引き、手札は事故り、車は事故り、病気はして、縁談はまとまらず、国境付近は一触即発、株価は下がり、出世せず、仕事も減り、とひどい一年でしたが、それもとりあえず終わりました。新しい一年はもうちょいまともな一年にしていきたいところですね。

さて、賢明な読者の方々はお気づきかと思いますが、さすがの情報量を誇るEVEを掘り下げるWikiも「簡単に作れるページ」というのが少なくなってまいりました。にもかかわらずまだまだ色々と情報が足りないという、いわば気合を入れて調査・ロケして作らなければ新しいページできないというような状態です。

今年の目標としては・・・。

・新しいデータサイト、AEGISをロケ(超ヘビー)
・ミッションデータ取得キャンペーン継続(無間地獄に等しい)
・義勇軍(要ヘビーな潜入ロケ)
・FIT充実キャンペーン(めっちゃヘビー)

あたりが挙げられます。いずれにしても今年は穴を埋めていく傍ら、なんらかの「情報量アップ」「解説強化」キャンペーンというところですな。

あとは?


新年はいきなりコラボからスタート。「Doctor Who」というイギリスの長寿SFテレビドラマとのコラボとのこと。私は残念ながら見たことないですが(BBCを見ないから)。イベントといえばSKINに戦闘サイト・データサイトに採掘、SPとわりと中身は固まっているEVEですが、これは「今までにないユニークなもの」になるらしいです。どういうものか、ちょっと楽しみですね。
posted by Quote Mraz at 21:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月27日

PvEランニングコストの削減のススメ

quotemraz_title.png

ミッションとかアビサルデッドスペースとか、あるいはラッティング、探検の戦闘サイトなど、PvEコンテンツでお金がかかってしょうがないだって!?

もちろん初期投資や弾代など、かかるお金はあります。しかしこれらはほとんどの場合回していれば確実に黒字になるもの。もし・・・これらの活動がトントンあるいは赤字という場合は、何かにお金をかけすぎています。いくつかを共有するので、役に立ててください。


削減できる部分その1:船の修理代

戦闘を終えてドックイン、弾の補給と共に船の修理を・・・これは非常にありがちなシチュエーションですが、EVE Onlineにおいては船の修理にお金をかける必要はありません。

まずは船の防御システムを思い出してみましょう。シールド艦の場合、修理が必要になるということはシールドを抜かれてアーマーや船体にダメージが入っています。自然回復しないのでどこかで修理しないと、次抜けたときは沈むかも。そうですね。これは非常に危険なので要修理です。アーマー艦の場合は船体にダメージが入っている(アーマーリペアでアーマーは修理できる)ので、これも放置しておくと危険です。
ここで「リペアショップ」を選択してしまうと非常にお金がかかります。何なら稼ぎが飛ぶくらい。

ではどうしたらいいのか。簡単に言えば2通りのプランがあります。1つは「アーマーリペアや船体リペアを買っておいて、ステーション外で修理する」です。これは特に戦闘の必要はないので、安いリペアをいくつか買っておいて、スロットに満載して修理します。キャパシタが切れたら入港して回復します。ドローンも同様にリモートリペアモジュールで修理します。非常に貧乏くさい感じはしますが・・・実際貧乏なんだからやりましょう!これは実際私もやっていました。竜骨のゆがみもターゲッティングシステムのチャタリングも、全部ナノマシンがなんとかしてくれます。
定期的にリペアに入れないといけないようなヤワな作りの艦船は、存在しません。

もう1つは「無料のリペアショップを使う」です。そ、そんな便利なものが存在するんですか?実はします。プレイヤーが設置できるストラクチャ、いわゆるシタデルやエンジニアリング複合施設といったあれらの建物ではリペアを基本的に無料で行うことができます。入港できれば、の話なので、ストラクチャブラウザを使って最寄りの施設を探しておきましょう。ダメージが溜まってきたら、ちょっと寄り道して修理してくればいいのです。

削減できる部分その2:弾代

何の気なしに撃っている弾も、度重なれば結構な値段になります。しかし弾を撃たないと敵は倒せないので・・・弾の消費を最適化していきましょう。

初めて乗る船、不慣れな船、これらをFITするときは基本的に防御を重視して組みます。それでピンチになるようなら話はそれまで、というところですが、多少余裕があるならそこから改良していきましょう。
改良点は2つ「命中率」と「威力」です。まずは自分の船がどのようにダメージを与えているかをチェックします。ダメージログを見て、タレットであれば「擦過」などのカス当たりが多くないか?ミサイルであればカタログ通りのダメージが出ているか?をチェックします。これがダメならタレットならトラッキング、ミサイルならガイダンスを強化するモジュールがあるので、それで命中率やダメージの通り具合を改善しましょう。そうでないなら?その時は威力を上げる手です。与えるダメージが増えれば、その分弾の消費は減るでしょう!

さて、世の中にはエネルギータレットやドローンといった、極端にランニングコストが低い武装があります。節約のためにこれらに乗り換えるべきなのでしょうか?もちろんその選択はありなんですが・・・私としてはお勧めしません。理由は、武装関連のスキルや船関係のスキルの取りなおしになってしまうのが大変ということと、最初に選んだ自分がステキだと思った船を使いましょうよ!ということ。弾代は言うて誤差です。そうでなければ皆アマー人とガレンテ人になってしまうでしょう。
もちろん私はガレンテ人の特権たるドローン艦、偉大なミュルミドンちゃんなどを活用し、安定してお金を稼いでいたわけですが。だから言ったでしょう?ガレンテは最高だと。
もうひとつ、ミサイルというものはタレットのように撃ち方によってうまくダメージを入れたりすることができず、また構造上必ず無駄撃ちが発生する武装だということを覚えておきましょう。おそらく最も弾代の削減から遠いのがミサイル。弾の値段も高めですし、カルダリ人は頑なに認めませんが、ミサイル代はひたすら嵩んでいるはずです。

そしてさらにひとつ。相手に合っていない弾を撃っていませんか?戦艦のLタレットやクルーズミサイルなどで駆逐艦やフリゲートを撃つのは非常に効率が悪いです。こちらにまっすぐ突っ込んでくるところを狙い撃つか、ガイダンスコンピュータなどでしっかりとダメージが入るようにしないといけません。

削減できる部分その3:消耗品

ドローンや戦闘機は消耗品ではありません。

あっうっかり落としちゃった!サイトに忘れてきちゃった!これで補充でお金を使っていては目も当てられないですね!ドローンは愛した分だけ応えてくれます。落ちそうなときはしっかり戻し、大切に使っていきましょう。

もちろんですが、この消耗品の中には「船そのもの」も含まれます。厳しい戦闘に挑むのは自由ですし、やりがいもありますが、まずはしっかりとISKを貯めてからというのが常道です。
船をうっかり落としてしまっても悲観することはありません。回収できる場合はちゃんと回収して、再利用できるものは再利用していきましょう。

----

これ以外にも例えば艦隊を組むことで1人では難しいミッションをこなすという手もあります。駆逐艦と戦艦で組んで、大型の敵と小型の敵を分担するだけで効率は爆上がりするでしょう。後は単純に「儲かるコンテンツ」を狙う、というところですが・・・これについては水物な部分があります。ヘルプチャンネルや雑談チャンネルで、儲かる話を聞きだしてガッツリ稼ぎましょう!
posted by Quote Mraz at 03:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月04日

バラまけ!ロケット研究(PvE編)

quotemraz_title.png

EVE Onlineの世界では、武装には特徴はあれども、どれもこれも良し悪しというバランスが保たれている(あるいは保たれていると信じられている)。搭載艦が限られるエントロピックディスインテグレーターやヴォートンプロジェクターといった武装がちょっと優れているのはともかくとしてだ。そんな中、ミサイルランチャーという武装はかなり人気のある武装だ。

発射にキャパシタを使用しない、相対角速度といった面倒な要素を考えなくても敵にブチ当たってくれる、などの面がPvPで有利だから。オートターゲットミサイルなどの放置プレイに便利な弾があるから。口で言うのは簡単ですが、私は多くを語ることはできません。近年ではジャックドー艦隊でミサイルをバラまいてなどはいたものの、ミッションや探検をやっていく過程でミサイルというものをほとんど使用してこなかったからです。スペックから語ろうにも、ロケットのリロード時間が10秒(プロジェクタイルと同じ)ということが判明した時点で思考が停止してしまいました。いったい、どんな使用感なんだ・・・これは実際に使ってみるしかありません。

ただしある意味残念なことにすでにミサイル系のスキルも船のスキルも、シールドのスキルもほぼフルなので、そこらへんで初心者の方とは温度差があるかと思います。

newbiemissile0.PNG


というわけでちょっと縛りを入れて、全てTech 1品(Named)でケストレルを作ってみました。リグは無し。突如としてダメージ制御を積まない派と化した私はロースロを2つとも弾道制御装置で埋めました。それでDPSがおよそ100になるのは結構いいんじゃないですか?最初の頃フリゲートとかを使っても、DPSは50とかそこらだったような気がします。

さて問題のロケットランチャーのスペックですが、発射間隔が2秒ちょいで射程距離(飛行時間×ロケットの速度)は16kmです。デフォルトで2000m/sで2秒飛行という花火のような代物のロケットですが、スキルを鍛えることで射程距離はだいたい倍に伸びます。またケストレルはロケットの最高速度を上げてくれるので、これでフリゲートLv5で50%増加。ブラスターのように至近距離で殴り合うようなイメージでしたが、近距離用の扱いでこれは結構いいんじゃないですか?
なお、比較対象としてガレンテのインカーサスに150mmのレールガンを載せてアンチマター弾を詰めると、およそ16kmの射程距離になります。磁場制御機を2個載せるとDPSは107。もっともガレンテ艦はアーマー防御なのでロースロにそこまで余裕がなく、理想のダメージを確保できるかは謎です。レールガンは弾を詰め換えることで遠距離攻撃もできるので、そこがいわゆる良し悪しの点ですね。


では使ってみましょう。Lv1はさすがにチキりすぎなのでLv2セキュリティミッションに。なお、初心者の皆さんがLv2セキュリティをやるときには駆逐艦をおススメします。スキルトレーニングがガンガン進む初期においては、Lv1はすぐに余裕になり、Lv2はフリゲートではちょっときついものの駆逐艦ならわりと余裕ある、というようなレベルになると思います。

newbiemissile1.png


おお・・・Tech 1装備のフリゲートで挑むとなると、結構迫力あるな・・・。


しかし結果は・・・結論から言うと「余裕」でした。このくらいで余裕なのか、という感じ。アフターバーナーを点けると速度が900m/sくらいまで上がるせいか、ドローンから巡洋艦までの弾がほぼ当たりません。こちらはただロケットをバラまくのみです。ドローンはランチャー2門で1〜2ボレー、フリゲートは2〜3ボレー、駆逐艦や巡洋艦も殴っていれば落ちます。てきとーに10kmくらいでオービットしつつ弾をバラまくだけの簡単なお仕事です。
とりあえずお約束と思って積んでおいたシールドブースターもほぼ出番なし。ヤバくなったら離脱すればいいと考えれば、最初から他のでもいいくらいです。さすがに話にならないと思ったのでアフターバーナーを切ってみるとわりと相手の弾が当たってくるようになったものの、シールドブースターで耐えている間に敵をどんどん減らすことができます。

newbiemissile2.png



ただし、ミサイル系の欠点である無駄撃ち、つまり当たると敵を沈める弾が飛翔している間に次の弾を撃っちゃう問題についてはロケットくらいの速度であっても結構発生します。実質的に敵1体につき必ず1回の無駄撃ちが起きるので、さすがに何回か手動で止めてみたものの、正直めんどくさい・・・。それが嫌なら次の弾を撃つまでに当たる距離で戦えという感じですが、それだと5000m〜7000mくらいになるし、射程距離の利を捨てるのもなあ、といったところ。また、10秒というリロードも、戦闘中に起こると面倒なのでたまに手動でリロードを入れましたが、実際はあまり気にしなくても(ロケットくらいであれば)良いかもしれません。ただテンポが悪くなるだけかも。

ほんで結局Lv2ミッションを攻略するのに1000発ほどロケットを撃ちました。1発4 isk〜10 iskくらい。搭載量を考えると結構撃ったかな?ミッションの報酬は500,000 iskのタイムボーナスでさらに400,000 isk、バウンティも500,000 iskと大幅な黒字になります。修理費無し、弾薬以外の消耗品なし、と。最初の時分は美味しい稼ぎですね。


----

結構使い勝手良いしお手軽だなーと思いましたが、私はロケットというのは案外初心者には触れられないものだと思っています。なぜなら初心者がチュートリアル等で触れていくのは、カルダリはハイブリッドタレットだからです。ハイブリッドタレットでレールガンで、そして戦闘用フリゲートのマーリン。スキルを取っていくに従って「ミサイルランチャー」という装備があることを知ったカルダリ人は、おそらく駆逐艦でタレットのコーモラントか、ランチャーのコラックスかを選んでいくのでは?そしてその時に選択する武装はおそらく射程距離の都合上ライトミサイルになるでしょう。そしてカラカルやドレイクといった安定のミサイル艦生活(カルダリ人の王道出世ルート)に進んでいくと。ロケットに本格的に触れるのは、フリゲートPvPなどを志したときになるのではないでしょうか。

とりあえずミサイルのことを語れるようになるために、もうちょっと色々使ってみるつもりです。
posted by Quote Mraz at 23:04| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする