2017年07月12日

新しいプロジェクト・ディスカバリーの始まり

quotemraz_title.png

火星に入植するためには今、非常にお金がかかるらしいですね。たどり着くためのロケットに加えて、放射線が降り注ぎ、非常に過酷な温度環境の火星に居住地を作るための技術。窒素を失わずに酸素と二酸化炭素のバランスを保つためのシステム。20年くらいでなんとかならんかな。Quote Mrazです。
くれぐれもGを放って温度を上げようなどとは考えないでいただきたいところ。カンガルーを使うのもオススメはしません。

さて、今回のプロジェクト・ディスカバリー第二弾。日本語サポートが打ち切られたこともありますが、何よりも自分がしっかりとチュートリアルを理解するために一通りページを作成してみました。

プロジェクト・ディスカバリー:チュートリアル

操作について説明しているのは1と2で、3から10は例題パートです。特に7が難しく、どの国の人も7の類似サンプルやべーよ、が共通した認識なようですね。今回の解説・補足はわりと主観が入っているので、何なら何度もチュートリアルを行い、結果と手法をしっかりと知ったほうがいいと思いますです。

プロジェクト・ディスカバリーは、正答率が30%を下回ると報酬がもらえません。なので実は非常にシビアなのですが、前回のヒトタンパク質の分析に比べて今回のトランジット法は操作も技術も段違いの難しさです。すでに脱落し、難易度の修正(サンプルに難易度も何もないと思いますが、正答率に関する修正はあるかも)を待つあきらめムードの人もいます。

今回の解析は、例えばテストサーバーや、あるいはメインではないキャラクターを活用して練習をひたすら積むことを強くオススメします

さて、とりあえず。しばらくはこのチュートリアルを元にまた画面の操作やコツ、各種情報などをまとめてプロジェクト・ディスカバリー応援を頑張っていきます。
posted by Quote Mraz at 03:22| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

焼き払え!(ドローンを)

quotemraz_title.png

最近、スマートフォンからのWikiへのアクセスが増加しています。割合でいえば15%くらい増えました。正直1024x768くらいを想定しているので、実際のところスマートフォンからじゃ、画像が多いウチのサイトは見づらいんじゃないかな・・・。背景の素敵なアルゴギル星系の空も見えませんよ。
わたくしも、自分の誤字を探そうとスマートフォンで見てみました。わたくし、iPhone6+なんで若干広く、まあ画像は小さいですが拡大すればなんとか。ところどころに使用している表が、横スクロールになっていてこれは見づらい。感性の問題かもしれませんが表はいただけないなあ。・・・と思ったら例のヤツにやられました。

広告。それも時間差で真ん中くらいにスッと出てきて、ページをめくる操作の誤爆狙いの超いやらしいヤツ。
自分で書いたサイトでこれをやられると、なかなかイラッと来るものがありますね!消せないのかと言われれば消せません。Seesaa.Wikiの広告だから。
メルカリなんてやらねぇーっつーのよ!Quote Mrazです。

さて、現在ローグドローン関連のイベントが始まっています。相変わらずのランダムで湧くサイトのドローンを攻略して、最後のでかいヤツを倒して中身をゲット。各種SKINや、全属性+10が1日続くブースターや、噂ではPLEXなんかも出るっぽいですよ。PLEXは釣りかもしれませんので、情報求ムですね。

DronesBomb.png

ちょっと新鮮だったのが、最後のWaveでボス役のローグドローンと共に、ライトドローンやヘビードローンが20機くらいワラワラと湧いてくること。ワープで取り残されてローグドローンになった子たちだ・・・!!

そんなときにはこれ!

スマートボムガイド

頭の弱いドローンが近寄ってきたところでドカンと一発。全てを焼き払ってしまいましょう。まあ、ダメージは大したことがないので・・・ボスだけ倒して中身を奪って逃げればいいんですけどもね。セオリーですね。

撃てばスカッとするかもしれませんが調子に乗ってスマボ使ってるとハイセクなんかじゃ同業者を誤射してCONCORD先生のご厄介になるかもしれませんし、まあ、若干の趣味的な要素ってヤツです。

追記!
大体こーいうイベントは最後のボスの取り合いがセオリーなのですが、今回のローグドローンの最終Wave「細かいドローンがたくさんとボスの巡洋戦艦」というような構成の場合、先にボスの巡洋戦艦を狙うと逃げてしまうようです(サイトはクリア扱いになり、報酬はナシです)。つまりチマチマと細かいドローンどもを殲滅しないといけないわけで・・・。

いや、案外役に立つかもしれませんね。スマートボム。ヌルセクでは活用しましょう!ヘヘヘ、なんてタイムリーな記事だぜ。ハイセクやローセクで使う場合はくれぐれも他のビーコンや艦船を巻き込まないように注意してくださいね。


posted by Quote Mraz at 00:58| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

コーポレーションを掘り下げる日々

quotemraz_title.png

B-OSPアップデート。2隻目のJFが飛び、クローンベイが設置され、なかなか快適な感じじゃないですか?ラッティングや採掘ができることに満足して何もしない(というよりはリアルで忙しい)Quote Mrazです。先輩の皆さん、砂上の楼閣を作るのがお上手でいらっしゃる。仕様書不備などものともしませんね。

軍事インデックスも産業インデックスも上昇し、輸送手段もある程度なんとかなるとはいえ・・・鉱石などを単純に運び出して売るのはなんとももったいない気がしますな。この環境を元にしてなんらかの事業を誘致したいところです。それ次第ではやはり自前エンジニアリングコンプレックスになってくるんでしょうか。

----

WIKIですが、ひとしきりコーポレーションとアライアンスの機能を網羅して1ジャンルが作成できました。ちょっとカタルシス。
ただ、使用頻度は低そうですね。コーポレーションの処理などをもう長くやってますが、7割は「タイトルと権限」です。残りの3割は「コーポレーションハンガー関連」「金」「リクルート」ですかね。今回のロケで初めて使用したのは「自動削除」と「認可済みアクション」。一生知らなくてもCEOやっていけます。

株式での投票は「全株数に占める賛成が50%」かと思っていましたが「投票数における50%」でした。やはり、発見というものはいつもあります。大抵今までは大株主だらけか、あるいは1株ずつプレゼントなどの微妙な扱いしかやってきませんでしたが、適正な株式の配分は文字通り政治を生みます。2泊3日の旅行にいって帰ってきたら会社が乗っ取られてるとか悲劇ですね!非常にわずらわしいので、株式にはよほど熟成した組織でなかったら手を出すのはオススメできません。

さて、次はストラクチャ関連か、あるいはFIT関連の充実、または生産・研究関連です。

おまけ。
FITガイドの画像は、慣れない画像処理ソフトを使って似せて作ってみましたが、やはり本職にはかないませんね。そもそも逆光となるあの角度を、色調も変えずにクリアに見せて、なおかつ全体のバランスを損ねずに綺麗さを増すとか、プロの技というものは恐ろしいものですな。
私は断然、逆光を避けて左舷から撮ってごまかします。
posted by Quote Mraz at 02:49| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする