2016年01月05日

年の瀬Low-Sec戦記

SchereauPodiene.png

時間は少し戻って2015年年末。
無事に仕事納めを終え、久しぶりにEVEonlineにコンスタンスにログインできるようになっていたある日のお話です。

我が社の戦闘部門は日々の戦闘技能鍛錬のため、Low-SecでのPVP活動を推進しているのですが、この日は私もそのPVPフリートに一員として参加していました。

いくつかの敵艦と交戦し、順調に戦果を重ねていった、その時。

私のDスキャナーに映るSister Combat Plobe(戦闘プローブ:宇宙にいる船を探知できる)
ローカル監視情報により、恐らくはシステム内にいるT3CL(戦略巡洋艦)のLoki(ロキ)がプローブの主である可能性が高いことが分かりました。

その時の私の乗艦はT1FGのMarin(マーリン)

まともに撃ち合えば数秒も持たずに私の船は蒸発するかもしれない。

しかし、その日は何かが違いました。

FCから指示が飛びます。

「シェラさん、そのまま待ち伏せして捕まえてみて!」

作戦は簡単です。

プローブの探知距離は徐々に縮まってきており、数分で私の船を完全に捕捉することでしょう。
敵艦のパイロットはこう思っているはずです。
「フリゲート艦など奇襲をかければひとたまりもないだろう」と。

敵艦がワープアウトしてきたタイミングで敵の懐に突貫し、ワープ妨害をかけ、
あとはひたすらオービットして敵艦の砲撃を回避しつつ援軍と共に飽和攻撃をかける。

恐らく敵艦を補足し、懐に飛び込むまでの最初の十数秒が勝負になるでしょう。

戦闘プローブはもう目と鼻の先の探知距離である1AUまで迫ってきています。

そして、戦闘プローブが一斉に姿を消した!

「Lokiが来た!こっちに来る!!」
「OK!!Warp to シェラ!Warp to シェラ!!GOGOGO!!!」

FCの指示が飛ぶその刹那。
ワープアウトの音ともにロキが目の前に現われました。

ここから先はフリートメンバーのHasutaさんが撮影した動画をご覧ください。



https://zkillboard.com/kill/51016826



GOOOOOD!!!FIGHT!!!!!!
posted by Schereau Podiene at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする