2017年02月13日

J-UNI 新春EVE GATEツアー

quotemraz_title.png

ジャンプドライブでトランジットしたとあるLow-Sec、珍しく気さくな英語圏の方に話しかけられました。

Amarr人「ドローンでローセクの(なんとかという)敵が倒しづらくて困ってるんだ」
  私  「T2のWebとかつけてみたら?」
Amarr人「装備できない・・・実は俺、アルファクローンなんだ」
  私  「じゃグノーシスとか乗ったら?」 
Amarr人「それ、もう持ってる」
  私  「Oh・・・それはもう、課金を考えたほうがいいよ」
Amarr人「やっぱりそう思う?」


アービトレイターに乗ってドローンで少しずつ敵を削っていたらしい彼。しかし、どこの国も同じ悩みを抱えているもんですね。Quote Mrazです。

そんな悩みを抱えるアルファクローンの方もいらっしゃる初心者支援コープ「J-UNI Beginners Academy」の方々と、EVE GATEツアーに行ってまいりました。かつて地球圏からこのNew Edenへと人類を導いた巨大ワームホールの残骸であるEVE GATE。最も地球に近い(感じがする)この土地へ、新年になると初詣と称してやってくるのが一部のカプセラの間で静かに恒例行事として根付いています。今年はなかなか行きづらかったこともあり、せっかくだからJ-UNIの皆さんにEVE GATEという観光地を見てほしいな、と思って。

Caladrius AllianceFoch Petainさんが気前よく先行偵察を引き受けてくださったので、私は総勢8人にもなった参加者の方を引率し、艦隊を現地まで移動させる役目。
久しぶりにチャットのみでの艦隊行動、19ジャンプという長旅。そもそもEVE GATEが存在する星系であるNew Edenは、Antem星系あたりを起点としたかなり深いLow-Secの袋小路の奥底にあります。事実一昨年はそこで襲われたし、この辺は悪党の吹き溜まりになってるんだよね。わくわくどきどきで不慣れな艦隊、正直私は何かハプニングが起きることを半ば確信していました。

でもほら!

evegate2017.png

J-UNIの皆さんに楽しんでもらえたなら幸いです。
やっぱり年1でEVE GATEを拝んでおかないと始まりませんよねー。ありがたやありがたや。ついでに、帰り道の安全も確保していただけたらありがたい。New EdenにはRaitaruが建っていたりしてずいぶん様変わりしていましたが、無事御参りも終わったことだし、私、帰ったら故郷に店を持つ予定だからな。

とか散々フラグを立てたにも関わらず、なんと艦隊は無事にハイセクまで帰還してしまいました。途中にたくさん、怪しいヤツ居たろ!?ストラティオスとすれ違ったこともあるのに、帰り道では誰にも出会わずでした。なんという・・・。前振り散々したのに、ハプニング担当は誰も無し。皆さん、お疲れさまでした。

とはいえ。
海賊はいたんです。皆さん、お疲れ様でした!で解散して、帰り道。とりあえず用事があるAmarr近辺まで帰るには、あのあたりからはカドール方面のLow-Secを突っ切ってDanyanaあたりまで出るのが一番早いです。つまり、来た道を帰るということ。Hi-SecからAntem星系に入ったとたん、ローカル10人中7人が黄色ドクロ、つまり容疑者フラグ状態になりました。私の周囲に敵影はなく、そもそも遮蔽してるから襲われているわけではなし。Amarr方面に抜けるスターゲートにも敵影がなかったので、つまりは・・・New Eden方面に抜けるスターゲートだ・・・。

あと10分遅かったら、おそらくは・・・。本当にギリギリだった、という話でした。EVE GATEの御加護、はやくも現れる。ありがたや、ありがたや。
posted by Quote Mraz at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

J-AXA社設立のご報告!!

SchereauPodiene.png

お久しぶりです。Qさんから書きなさいよ。書きなさいよとせっつかれ、本当は書きたかったんですがやっと時間が取れました。

表題の件!!

私はB-OSP社から籍を外し、新たなPVPコープである「Japanese Ants eXperience Arms」社、通称「J-AXA」社のCEOとなりました!

J-AXA社自体は、以前はB-OSPの戦時疎開用企業として存在していましたが、B-OSP社CEOであるQuote氏より権限を委譲され、今後は独自の財政・方針で活動してまいります。
B-OSP社とは相互での人員の移動を受け入れておりますが、基本的には相互の活動地域が隔絶していることもあり、独立企業として活動をしています。

J-AXA社は現状ではまだ社内体制の整備(主立ってPVP関連)が完了していないこともあり、活動自体は非常に小さなものですが、日系PVPコープだけでなく、幅広い企業との交流ができればいいなと思っています。

できたばかりの会社なので、一緒にPVPを楽しんでくれる仲間は大歓迎です。
初心者ももちろん大歓迎します!!
現状T1FG(フリゲート)艦は社内で支給体制が整いつつあるので、お金がなくても装備がなくても大丈夫。
気になったら是非我々の公開チャンネル「J-AXA Open Ch」までお気軽に遊びに来てください。
体験でフリート組んでみたいよ。お話してみたいよ。等もお待ちしています!!!

J-AXAの活動報告なども、こちらのブログで記載許可を頂いたので、今後発信していく予定です。

最近のローミング活動を、Piccolo社の方が動画にしてくださったため、宣伝を兼ねて貼ってみます!!






動画作成者のPiccolo社のOmochin氏に最大限の感謝を申し上げます!!


他にもいくつかご報告がありますが、またの機会に・・・!!

安全な飛行!!
posted by Schereau Podiene at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

物置の扉が開くとき

quotemraz_title.png

行くかどうかはさて置き・・・とか言った矢先です。Null-Sec・Hi-Secの直通穴、しかも超大型通行可能が開いたとの報をうけ、とりあえずあったらよさそうだな・・・と思うものをちょいちょいと搬入してしまいました。Nullに生きる各位なら、この穴のすばらしさがわかっていただけると思います。Quote Mrazです。私もWikiばっかり書いてるわけではないのです。

とは言ったものの・・・。
この地域のすさまじい辺境っぷりは筆舌に尽くしがたいものがありますね。・・・ハイセク暮らしではちょいちょいと商都に出かけて買い物をし、遅くなったら近くのステーションで寝泊まりをし、という生活ががらりと変わってしまいます。もちろん遠征して買い出しに行けばいいのですが、マップを開いてみてください。Null-SecとHi-Sec、Low-Secの間にやけに広い間隔があいているところがあります。そしてその間を渡るように、長い距離を結ぶスターゲートも。このようなところは当然皆通行するものですから、海賊さんの巣になっているわけです。ワープ妨害型駆逐艦などが24時間体制で詰めてるところを、どう輸送艦で突っ切れと・・・。そんな事情もあり、このコンビニもないような田舎で生活する態勢を整えるのは、色々な苦労を強いられるわけですな。

私「というわけなんで、アウトポストもないスターゲートも通りづらい、で輸送には苦労するわけですよ」
何某「友好勢力のシタデルとか無いんですか?他の人も当然そんな苦労をしているわけだし、ジャンプ輸送を安全に扱えるルートを作ってるんじゃないですか?」
私「・・・その発想はなかった・・・」
何某「ルートが無かったら、そこにシタデルを置いてしまえばいいんですよ」


これが現役Null生活者の発想・・・!完全に古い時代、シタデルの無い時代のジャンプドライブ運用に凝り固まっていた私はもうダメかもしんない。デスクワークのみではなく、実際のEVE生活に身を投じてこそ、得ることができる知識というものはあるものです。

ならば・・・。

詳しく聞かせてもらおう。
posted by Quote Mraz at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする