2017年09月18日

コープ周辺を取り巻くいくつかの事柄

quotemraz_title.png

匠の技に敗北無し。

Togro100%.png

Quote Mrazです。このP1資源採取・加工惑星においては施設間リンクの最小パワーグリッド要求が20MWなので、全ての施設を綺麗にまとめた結果実現しました。どの惑星でもできるわけではありません。

さて。

B-OSPは9月15日付でJ-UNI Beginners Academyへの協賛を停止しました。このコープは初心者支援が主目的ではなく、本来は初心者・復帰者に新しい道を開くためのものなのですが・・・はてさて。一定期間で卒業する前に自分にあった就職先を見つけるために、現在の協賛コープをちゃんと確認しておくことをオススメします。

他には・・・。
ヌルセクで行っている自前採掘→自前生産、地産地消のサイクルが採掘側に傾き、中型のアステロイドサイトが復活しました。実際のところ、本職の採掘屋がガンガン採掘してほしい!輸送や買取なども技術上可能ですし、なんていうかこう、野心を持った採掘屋が乗り込んでこないもんかな・・・。
御存じのとおり現在はリファイナリーの期待が高まり、採掘屋は売り手市場。うちももちろんですが乗っかっていくつもりです。ゼロセクから始める採掘艦生活、どうでしょう。

あとは・・・。
そのリファイナリーの本格稼働にともない、テストサーバー(SISI)では、精錬すると月資源が取れる鉱石などが実装されています。鉱石のところに大幅に加筆が必要になりそうです。そして、リアクションに使用されるFormulaが、ブループリントと同じ括りになりました。フォーミュラ、計算式、といったような意味合いの素敵なアイテムです。これはリアクションがインダストリーを用いて、BPOによる製造と同じUIでできるようになるためなのですが・・・。

これにより、POSの化学反応(リアクション)ロケが難しくなりました。現在はJitaなどで資材を買い込んで適当なWHに特攻し、そこで設置してロケしようかな・・・と考えています。SISIで楽をしすぎた弊害か。ロケ費用がかさむんだよな・・・。

B-OSPはグッと活動メンバーが減ったことにより、私の仕事が大幅に増え、WIKIに回す時間が少なくなっています。困った困った。

というわけでB-OSPはいつでも新規メンバー募集なのです。
posted by Quote Mraz at 02:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする