2019年02月01日

オーバーヒートの研究 熱量蓄積の視点 その2

quotemraz_title.png

考古学者であるMuraku教授が発見した事実を紹介しようと思います。

オーバーヒートの歴史は古く、実装は2007年。当時のファンフェスで発表された際、かなり詳細な話がステージ上で出たようです。その時にはヒートダメージの各種公式なんかも発表されたようですが・・・。ではそれがなぜ現代に伝わっていないのか。教授の見立てによると、まぁ・・・その・・・観客であるカプセラの面々が、突然出された数学に対応できなかったのではないかと。
データはEVELOPEDIA、つまりEVEの大百科事典には記載されていたようです。しかしご存知の通り、このサイトは結構前に閉鎖され、現在ではアーカイブが細々と残るのみ。アーカイブ内で該当の記述が発見できなかったため、調査チームはこれを完全に失われた技術であると断定しました。UNI WIKIなどの大手にも残ってないってのは相当なものかと。

個人的な見立てでは、CCPはオーバーヒートをもうちょっと脳筋な使い方をしてほしいので、関連データは伏せているのだと思います。オーラさんが「ハイパワースロット熱蓄積ダメージ38%突破、残り50秒で熱ダメージ発生率が危険域に達します」とか警告してくれる宇宙もステキだと思いますけどね。
公式にしても、CCPならきちんと持っているでしょう。もしかしたらサポートチケットで問い合わせたら教えてくれるかも。でもなぜだろう、すでにオーバーヒートの技術が完全にブラックボックス化しており、新規艦船もそこに乗っかる形で作られているという不安が拭い去れないのは。


調査や実験を繰り返した結果、さらなる発見があります。その1をアップデートしている情報もいくつかありました。

詳しく聞かせてもらおう。
posted by Quote Mraz at 04:22| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする