2020年06月26日

プロジェクト・ディスカバリー応援 第三弾

quotemraz_title.png

コロナウィルスと戦う世界、それはニューエデンも例外ではなかった(ちょっと前ならキョウノーク感染症が猛威を振るっていたが)。

という非常に雑なフリのもと、プロジェクト・ディスカバリーの第三弾がスタートしました。

プロジェクト・ディスカバリー

今回は、フローサイトメトリー(Flow Cytometry)という技術を用いて解析された細胞を分析します。分析手法はゲーティング(Gating)と呼ばれ・・・と難しい単語がいっぱいでてきますが、頭を空っぽにしてみてみれば、今回のプロジェクトディスカバリーは「色がついている点のグループを、線で切り分ける」という非常にシンプルな形になっています。

キャプチャ.PNG


おーまいがっ!


前回のように変光星や黒点などのパターンを覚えて読み取ったり、前々回のように細胞内の様々なものの特徴を覚えたりしなくても、誰でもシンプルに取り組めるわけです。おかげで今回はフローサイトメトリーに関するいくつかの解説記事以外は読んでません!英語の論文とかを読まなくてもよいのは正直助かりますね。

その代わり、今回は「専門知識を学ぶことがプロジェクトディスカバリーの攻略に繋がらない」ということでもあります。むしろチュートリアルを見ても「囲ってみてね」「この中には2個のクラスターがあります」「次は5個」の3パターンのみ。例えば、何々細胞はこういう形・・・とか、ブワー広がっていたらどうこう・・・とか、そういうのが一切ありません。ただ見て囲うのみ。そのためか、一部の人々にとっては逆にとっつきにくくなっているようです。

幸運なことにONCBNには実際にサイトメトリーによって得られたデータをゲーティングしてみた経験のある(ガチガチのガチな)方がおり、意見交換によって様々な知見を得ることができました。曰く。

今回は逆に、何も考えずにやったほうがいい


実際、ゲーティングのコツや手法、着眼点というようなものを沢山聞くことができました。しかしそれは今回アンドレア・コッサリッツァ教授達が望むような形では無いということです。おそらくそういった余分な知識を与えない状態で、チュートリアル、そして時折出現するゴールドスタンダードによる精度チェックでプレイヤーの感覚そのものを補正し、ゲーティングを無心に行った状態のデータを収集したいのではないか、ということで意見は一致しています。
そしてそれはせっかく聞いたことをこの場で開帳できない理由でもあります。余計な知識をつけてほしくないのだ、という意図を崩すのは避けたい・・・。どうしても気になる人は彼はTwitterなどでその手法を公開しているので探してみてください。

ただし、これだけは覚えておいたほうがいい、という情報もあります。
それは精度チェック問題としてたまーに出てくるゴールドスタンダードのこと。パッと正解の形が出て、しかも精度が出る。人はこれを見てどう思うかというと、どうしても「ああ、なるほどこの形に寄せなければならないんだな」と思ってしまいます。これは感覚の補正としては誤った方向性です。
ゲーティングの目的は囲うことではなく、本質は「クラスター(点の集まり)を区切って分けること」です。提示されたゴールドスタンダードの形に寄せることでなるほど精度は上がりますが、実際に精度がどういう基準で上下しているかというのは、形に寄せる(つまりゴールドスタンダードと実際にゲーティングした形の差異・面積の違いなどを小さくする)ことによってではなく、より「区切りがいい感じにできてる度」のようなものによって判定されているのではないか、と。それも特に境界線などの問題ではなく「ゲーティングするならここは押さえておかないとねポイント」のようなものです。実際、感覚で勝負するタイプの人がチャチャっと区切ったものが、やけに高い精度をたたき出していたりします。


というわけで、もしちょっとプロジェクトディスカバリー、精度が上がらないと思ったら?なんか難しいな、と感じてしまったら?

・サンプル(ゴールドスタンダード)を素直な気持ちで受け入れる。「へーそうなんだ、なるほどこういうかんじなのね」というようなひらがなで思考する感じで。
・それによって自分の感覚を直すことを意識する。点がどうなっていたからゲートはこう、とかあまり分析しない。
・ある程度速度は上げてみる。もちろん余計な事を考えないように。

というような、まさに「考えるな感じろ」という感覚勝負の世界へ自分をたたき込むことが今回のプロジェクト・ディスカバリーの鍵になるでしょう。ちゃっちゃかやって、なおかつ高い精度をたたき出している人は、わりと短時間で数を(それこそ制限に引っかかるくらいのペースで)こなしています。

さあ、この結果が実際の研究にどう関わってくるのかな・・・というような素朴な疑問を心に棚を作ってしまいこみ、回せ!ひたすらに回すべし!
posted by Quote Mraz at 07:50| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

Gallente Federation National Day!!

quotemraz_title.png

この期間はまさに、ガレンテ連邦設立237周年記念!!!
運よくログインした人は、特製の花火やステキなガレンテ連邦ロゴの入ったシャツや帽子を受け取ったことでしょう。こちらのおなじみ「ギャラクティック・アワー」でも取り上げられています。

GALACTIC HOUR NEWS ROUNDUP: GALLENTE FEDERATION DAY YC122 EDITION


期間中、といっても22日までなので明日までですが、Luminaire(ルミネール)、Villore(ビロア)、Dodixie(ドディクシー)、Lirsautton(リアサトン)、Alentene(アレンティーン)、Orvolle(オルボア)、Octanneve(オクタニーブ)の7星系で連邦海軍の観艦式を見ることができます。

fedDay01.png


これは普段ハイセクで生活している人も、カッコよくて強力なガレンテ艦、特に主力艦などを間近で見ることができるチャンスです。現地はタイタンがビーコンになっており、FNS〇〇という名前のところに飛べば見ることができます。なお、花火をタイタンにカマせばスキルポイントがもらえる的なイベントもあったようですが、残念ながらこれはうまく動いていなかった模様。

他にもいくつかのプレイヤーイベントがあり、時間を合わせて色々回ってみました(朝5時)。
というかこの時間に開催されるはずのVenture Racingを観ようと張っていたのですが、どうも場所と状態が良くわからないまま終了してしまったようで残念。「2人くらい出場者が来てない」とか叫んでたので「あー、ちょっと延期?」とか思ってゴロゴロしていたら終わってしまった・・・。まあKAMIKAZEや容疑者もウロウロする危険な状況でのレース、あまり大々的に場所を放送できない都合もあったんでしょう。


他にもハイペリオンやドミニックスの艦隊がパレードしていたり、あちこちで花火が炸裂していたり。shu君がハッとするようなポートレートコンテスト、Ms, Mr, and Mx Federationが開催されていたりしたようです。Mxが入っているあたりがやっぱりガレンテ。

fedDay03.png


fedDay02.png



他にもいろいろなイベントサイトなどがあり、全ては回っていませんが・・・せっかくのイベント。明日までは開催しているのでぜひ観光気分で出かけてみましょう。
posted by Quote Mraz at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

観光で行くなら要注意!闇に沈んだララボス

quotemraz_title.png


ララボスがFinal Liminality(ファイナル・リミナリティ)の段階に到達してしばらく経ちました。変わった時はDTを挟んでも何も変わっていなかったので、ステータスの変化だけではない何らかの変化要素があるんでしょうね。例えばワールドアークが到来するとか、他に何かのストラクチャができるとか。さすがに無いとは思いますが、これが最終段階ではない、という可能性すらまだ残っています。


さて、ララボス。完全にトリグラヴィアンの世界に落ち、暗く沈んだ宇宙空間です。そして注目のストラクチャですが・・・。

観光に行く場合は注意してください。


triginvasionlastchapter17.PNG


観光に行こうとしてDazh Porevitium Transmuterへワープすると、このStellar Transfer Conduitの傍に出ます。この周囲ではどういう理屈かワープができません
近くにトリグラヴィアン艦船がいれば戦闘を強いられますし、悪しき欲望に満ちたカプセラがいるかもしれません。非常に危険な状態です。

ではどうすればいいのか?というと、このコンジットをくぐるしかありません。くぐると、Dazh Porevitium Transmuterへ到達します。一種のアクセラレーションゲートのような役割を果たしているようです。このあたりの空間の層構造は、今後起こりうる何かを暗示しているようでたっぷり考察してみる余地がありそうですね。
もちろん、通過した後も油断してはいけません。


Dazh Porevitium Transmuterは完全に展開され、恒星から激しく何かを吸い上げています。


triginvasionlastchapter18.png


triginvasionlastchapter19.png


瞬間、私はフリゲートにカプセルまで吹き飛ばされたので、現状はここまで。ララボスは完全に鎮静化し、滞在する人も数人から十数人程度ですが、このように観光客を狙ったワルも多く存在します。


ぜひ一度見ておくべき場所ではあるものの、マイクロワープドライブなどの安全策を必ず取りましょう!ここはゼロセキュリティ宙域なのですから!!!

posted by Quote Mraz at 07:40| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする