2020年08月21日

ナイアルジャ陥落!交易屋の行く先は地獄か、それとも?

quotemraz_title.png


トリグラヴィアンの侵略が星系を落とし始めた頃の記事で「トリグラヴィアンは青色の恒星を狙う」というものがありました。世界中で青色の星系、かつ重要な星系を探したところ、その中にナイアルジャ(Niarja)星系があったわけです。ナイアルジャとカープテネンを結ぶ超長距離スターゲートは南北交易の要であり、だからこそのカミカゼのメッカ。当時は、まあここが落ちたら面白いよねみたいなノリでしたが、このたび、ナイアルジャはトリグラヴィアン側の攻撃によって陥落しました。


キャプチャ6.PNG


正直な話、本来であればここを落としても誰もが損こそしても得などしません。かつてミンマター・アマー交易路の要衝であるサスタ(Sasta)が狙われたときは、あっさりとEDENCOMによって回復されてしまいました。しかし、世界情勢が悪かったと言えるでしょう。今回ナイアルジャを落とす際に大きく動いたのはGoonswarm Federationです。現在、Test Alliance Please Ignoreを中心としたコアリションであるLegacy、Pandemic HordeとNorthan Coalition.を中核としたPanfam、そしてFraternity.が中核となるWinter Coalition、他にもFIREやその他各種勢力、平たく言えば、Goonswarm Federationが所属するコアリションImperium以外のほぼ全ての勢力が結託し、Imperiumと戦争を行っています。世界大戦です。現在のところImperiumは完全に守勢ではあり、だからこそ北部からの主要補給路となっているであろうナイアルジャを封鎖できるチャンスを逃すはずはありませんでした。
それに対してLegacyの一部、Braveなどは奮闘したものの、本来呼応して戦うべきPanfam他の動きは鈍く、なおかつ新しい餌場として非常に魅力的なナイアルジャが落ちるチャンスを逃さなかったローセク海賊勢力の関与もあり、ナイアルジャにトリグラヴィアン来たる!の報が流れて24時間経たずにナイアルジャはローセク化し、48時間後には不可逆の侵略完了地域と化していました。

結果このありさまです。

キャプチャ4.PNG


トリグラヴィアンの侵略でルートを設定すると「安全性を重視」にしてもナイアルジャは見た目セキュリティステータス0.5なので通ってしまいます。しかし実際は-0.7であり、CONCORDどころかセントリーの支援すら受けられません。しかもトリグラヴィアンのセントリーガンがいくつも並び、通る敵性(もちろんそこでゲートキャンプをするような人々は、トリグラヴィアンのスタンディングを上げているので撃たれない)に超火力をたたき込みます。小型艦でならなんとか通過できるものの、それ以上の船が生き残る術はありません。

どんなに情報化が進んでも、どうしても時流に疎く、いつもの調子でナイアルジャを通ってしまう人は後を絶ちません。その結果がこの惨状です。海賊にとっては今こそ大チャンス。対策が周知されるまではナイアルジャはこの世の地獄と化すでしょう。

----

なんだかんだ言ってアマーのアイス産地、カルダリのアイス産地など、わりとトリグラヴィアンの被害は大きく広がっています。これはけして他人事ではないという話。

----

さて、ナイアルジャが通れないとなると、超大型輸送艦などによる輸送は大きくミンマター側に迂回する必要があります。南北の商都たるジタとアマー、この間の距離は9ジャンプでしたが、ナイアルジャを通らないとなると45ジャンプになります。超大型輸送艦で45ジャンプするのに一体どれくらいの時間がかかるのか、お父さんお母さんに聞いてみましょう。
少なくとも現在のところはよくても、いずれ鉱石やその他アイテムの流通に大きな問題が生じてきます。ルートが1本しかないためにカミカゼしやすいとなればなおさらです。


さて、これで唯一の交通路となったミンマターは栄えるのでしょうか?ここに面白いデータがあります。ジタからアマーまでのルートを引いた際、ドディクシー、ヘク、レンズといった各国の商都を比較的無理なく通ることが可能というもの。これがシルクロードだ!とか言われていましたが、ちょっと待って!それは何か変です。

まずヘク(Hek)、ここは最高です。ジタ・アマー間の最短ルート(安全)を引いたときに必ずここは通過します。交易屋としてはジタからアマーへ品を運ぶ傍ら、ここで品を仕入れたり捌いたりできれば、大きな利益を得ることができるでしょう。ヘイマター・リージョンのレンズと合わせたメトロポリス・リージョンの交易地、ミンマターの第二の商都として認知されていたHekはこれから大きく伸びるでしょう。むしろ取引量はすでにレンズを大きく超えているため、ミンマターの商都といえばヘクと語られるべき場所です。

レンズ(Rens)も同様です。ワープ距離の関係でルートから外れることはあっても、ジング(Gyng)からフラルン(Frarn)へと曲がってレンズに入れば、ヘク同様交易の中継地点として栄える可能性を秘めています。ジタに近いヘクの方が取引量が多いとはいえ、南部にディレリック・リージョン、そしてグレートワイルドランドを始めとする広大なヌルセクが広がるこの地に多くの品が落ちてほしいと願う人は多いでしょう。なんせこれからは多くのトレーダーがここを通過するのです。ヘクと合わせて大きく伸びることが期待できます。


さて、我らがガレンテ連邦の商都ドディクシー(Dodixie)はどうでしょう。残念ながら、ここはジタ・アマー間最短ルートから外れています。ジタ方向からならグライナカン(Grinacanne)、ヘク方向からならバール(Balle)、ここから脇道に入ります。本来ならグライナカン→デュ・アンネス→バールでいいものを、4〜5ジャンプ余計にしなくてはなりません。はっきり言って伸び代がありませんね!あえてそこに品を落としていく道はありますが、それならエッセンス・リージョンのレニン(Renyn)などに新しい商都を開いたほうが人が来るでしょう。


ここに有名なガレンテジョークがあります。

「ガレンテ人は買い物をするのにドディクシーではなくジタに行くが、帰ってきた人はいない」


ドディクシーに比べて品ぞろえが豊富で、周囲のミッション地や採掘地なども充実しているカルダリが魅力的で住み着いてしまうことと、カルダリ人に見つかったら生きて帰れないということを引っかけたもの。むしろドディクシーとかに品集め始めたやつ誰だよ・・・。あそこはガレンテ海軍のステーションなので海軍上げというミッション屋にとってはありがたいものの、買い物って基本的にジタに行くよな距離的に・・・というのはガレンテ人の共通認識です。少なくとも、私はドディクシーで買い物しようと思ったことはありませんね・・・。


というわけで大きく交易路が動き、それによって新しい商都に品と金が満ち満ちるこのご時世。距離をものともせずに輸送を行う輸送屋も大きく利益を伸ばせるかも。新しい場所に目を向けて、商機を掴みましょう。
posted by Quote Mraz at 03:14| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

ワームホールを巡るロケ

quotemraz_title.png

当時の話。ワームホールの知識もあまりない私はワームホール屋の熱意に押され、IDと質量に関するデータをまとめてページにしました。それに加えてワームホールのグラフィックとオーロラ(フレア?)の色のデータも・・・これはロケを行うだけのちからが不足していた私はUNI Wikiから転載させていただいておりました。。その後、ワームホールのグラフィックは何度か変更され、このデータは完全に古い状態のまま放置されていたという経緯があります。

まあそれを今回、ScreenToGifというツールを導入したのをきっかけに、ワームホールを巡って全て撮ってまいりました。サイズを指定したらそのガイドをそのまま次の撮影に仕える(場所も合わせたまま)なので非常にこれが便利でして。ワームホールに視点を合わせてだいたいの拡大率を合わせたらそのままパシャリです。


WH識別方法


観察して気づいたのは、ワームホールが「どこから見ても同じように見える」のではなく、ちゃんと映る像も立体的になっており、見る方向によって違った風景が見えるということ。これはワームホールが立体になったいつぞやのアップデートによるものだと思われます。古いワームホールの知識からアップデートされてない人は同じように思っているかもしれないのでそこは注意です。つまり1方向から見た画像を載せておいても「おい、見た目ちょっと違うじゃないか」という批判が起こりかねないのですが、そこはまあそういうものだということで。色と映っているものを経験的に選り分ける助けになれば幸いですね。

また、ワームホールにはこちら側にある天体や現象が映っています。ワームホールを覗くと太陽のようなものが見え、これは長らく「あちら側の星系の太陽なんだな」と思っていましたが・・・これはこちら側の星系にある太陽が映っているということがわかりました。それも、あたかも眼球に光が入り込んで奥に当たるように「奥の境界面」に投影されているんですね。フシギですねー。どういう形の自然現象なんでしょう。特殊天体であるブラックホールなど光を発しないものはまた違う映り方(歪んだ境界面に写り込む)をします。マグネターや赤色巨星などは太陽と同じ映り方をするでしょう。これは見ててもなかなか飽きないポイントですね。


さて、この「ワームホールには接続先の星系の景色が映る」という現象をもとに「通過する前に行き先のリージョンがわかるのか」という疑問があります。もちろん誰でも「ああー空が赤いからこれミンマター方面」とか「緑だからガレンテね」という簡単な識別は可能です。
ではこれは、見た瞬間に「ああ、これはドメインだね」とか「これはザ・フォージだね」というところまで識別可能なのでしょうか?

先に触れておくと、この研究は実用性がありません。
ワームホールを抜けるまで向こう側には察知されない・・・というのであれば実用性もあったかもしれませんが、新しく発見されたワームホール周辺にワープアウトした時点で反対側のK162穴が開く・・・と言われています。結果的に通過の有無に関わらず、反対側に人がいた場合は「あーシグネチャ増えたなWHかな」と察知されるわけで。しかも結局最後には穴を通り抜けてみないと向こうの状況はわからないという。完全に趣味の研究です。

ただ、この識別はなんとなくですが可能である、という手ごたえもあります。
これはInsmother(インスマサー)リージョンに抜ける穴のGIF画像です。

to_Insmother.gif

Insmotherにある特徴的な天の川・・・のような星の集まり、緑、黄色と微妙に色が違う3つの星雲、これらは全て、現地の星系で周囲を見渡してみれば確認できるものです。目立つ空なら可能?とはいえ、パッとヘイマターとメトロポリスとモルデンヒースの画像を見せて「これどこのリージョン?」と聞いて答えられる人が皆無なんじゃないのかなというところもあり、やはり実用性は乏しいクイズ用ですね。

全64リージョン全てをサンプリングでき、目に見える差異が観測できるようならページにまとめて公開するかもしれません。
posted by Quote Mraz at 17:59| Comment(2) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

Amarr Foundation Day!!

quotemraz_title.png

ガレンテ、ミンマターに続いて、アマーの記念日!建国記念日(Foundation Day)です。他の国と同じようにタイタンを中心とした艦隊が出張ってくる観艦式を、あちこちの星系で見ることができます。この流れ、ガレンテから始まったムーブメントですが、さすがこのような式典には一家言あるアマー帝国のこと。今回はひと味違った方法で魅せてきました。

2020.08.08.21.53.38.png


アバター級タイタンを中心に据えて、ロゴマークにしているんですね。これは実にアマー的な。さすが艦長居住区の入り口に黄金の像を置いていた国はモノが違うぜ!一瞬心の中のガレンテ人の感性が「艦隊の機能美が無ぇ!」と炸裂しそうになりましたが・・・文化だから。これ他国の文化。郷に入っては郷に従え。従え・・・!よし落ち着いた。

観艦式は各リージョンの中心となる星系で行われています。〇〇プライム、というような名前の星系です。それぞれが王家の名を冠しており、今回の観艦式の艦船の配置は、その王家の紋章、ええとロゴマークの形に配置されています。カドールプライムならカドール家、タッシュムーコンプライムならタッシュムーコン家。アマーは非常に歴史と密接に関係した星系の接続をしており、首都たるアマー(アマープライム)から1ジャンプの距離にコルアゾールプライム、サルムプライム、2ジャンプの距離にタッシュムーコンプライム、3ジャンプの距離にカドールプライムと非常に観光しやすい配置です。アーディシャパープライムとクーニッドプライムはちょっと遠いので気合を入れて回りましょう。
ONCBNにいる熱狂的・・・いや狂信的アマー人(つまり、ごく普通のアマー人)が「巡礼」と称して全ての場所を回って写真を撮っていました。実際のところうまくロゴにタイタンをあしらって配置したこの形は一見の価値ありますよ。また、タイタンはミンマターの時と同様、各家の偉人の名前があてられているようです。アマーのタイタンの名前は、私たちの世代では最もなじみのあるジャミル・サルムさん。懐かしい。

2020.08.08.21.53.381.PNG


ほほぅ!タイタンの、そして他の艦船のSKINもその家の色合いで統一されているのはオシャレですね。しかしこの配置発狂しそう。
ミンマターのように全て回ろうかと思いましたがSAN値がヤバいのでいったん休憩です。


心に癒しが欲しい方は、アマーに寄ったら「カティズ陛下の儀仗隊」にも寄ってみましょう。惑星をバックに撮れば、アマー人垂涎の壁紙ゲットです。


2020.08.08.21.55.42.png






posted by Quote Mraz at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする