2022年08月09日

アビサル研究#2 コウアーサーでTier 0〜Tier 1

quotemraz_title.png

アビス研究第二弾はコウアーサー。またしても駆逐艦にしてみたのは、タレット型の駆逐艦、そしてアーマー防御型の駆逐艦がどういう動きをするかというのを見たかったからです。また、コウアーサーのエネルギータレットは弾薬代がかからないという非常に有用な特性を持ち、これで周回が可能であればランニングコストの大幅な低減が可能だからです。





今回作ったのは、アーマーリペアラを1個にしたバージョンと、2個にしたバージョン。いずれもキャパシタ安定は望むべくもなく、相手の回復量ので、ようするにアーマーの量で耐えるか、リペアで耐えるかという形です。EHPや防御レジスタンスはリペアラ1個バージョンの方が高く、回復力にかまけての諸刃の剣といった感じです。攻撃についてはエレクトリカルストーム、電気嵐のEMレジスタンス低下によって有利に働くはずですが、トラッキングの弱さは常に頭に入れておいたほうが良いでしょう。

とりあえずTier 0は余裕といったところ。巡洋艦が出てきても、気合でタコ殴りすればなんとかなります。シングルリペアラどころか、下手すればリペアラ無しでもいけそうではありますが、ダメージをくらったときのリカバリ用に1個くらいは積んでいくべきでしょう。

問題はTier 1です。コウアーサーは射程距離はともかくターゲット範囲が非常に狭く、それ用の強化を積んでいない以上、必然的に中距離戦を強いられます。さすがに駆逐艦だけあって、フリゲートがたくさん出てくる程度なら問題ありません。ダメなのは巡洋戦艦、そして戦艦です。それもミサイルタイプの攻撃を行ってくる相手だと、回復量の薄さがもろにでてしまいます。火力はそれなりにあるようですが、今回の死因にもなった、おそらくタキオン雲によるトラッキングへの負担や、ニュートラライザ搭載型巡洋艦(即死案件)など、弱点もかなりあるようですね。
特にエネルギーニュートラライザをくらうと、回復はできない、攻撃もできない、と完全に詰んでしまいます。ミサイルやプロジェクタイルタレットのような、キャパシタが飛んだ状態からでも気合と根性でなんとかできる船よりは、アビサルデッドスペースではどうしても1段階劣ると言わざるを得ないでしょう。このように「絶対やられる相手」がいる以上は、Tier 1を周回するというのは危険ですね。どうしてもというなら装備のグレードを落とし、失敗する可能性がわりと高いことも前提で挑むべきでしょう。その場合、ランニングコストの話は忘れましょうね。

やはりアビサルデッドスペースを語る上で「キャパシタの枯渇」というのは重要なファクターになります。よく使われる艦船がのきなみミサイルやプロジェクタイルタレットであるのも頷けるという話です。



PCゲーム人気ランキング Youtube人気ランキング



posted by Quote Mraz at 02:54| Comment(0) | YouTube動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする