2014年10月26日

戦争と平和

Ken-title.png
今回ちょっと頭よさげなタイトルにしてみましたバラードさんです。
トルストイさんなんかごめんなさい。
ってことでね、また戦争だったわけですよ。
けど相手がろくにインすらしなくておめーらなんで宣戦布告したんだよ!と社内から大ブーイング。
・・・いやまあ、それいいんじゃねえの?こっちに被害ねーんだし。
そもそもうち、戦争コープじゃないんだからね?わかってる?と内心思いつつも、世間の潮流に弱いわたしは
「っざけんなよこいつら潰すぞおめーらついてこい!」
なノリでしたが。
相手が少数だとやたら強気な当社です。
戦争ってやーねー。

そんな戦争中の一こま。
待機ステーションの外がなんだかにぎやか。
デスクワークの息抜きにと話に加わってみると、どうやらうちの新鋭探検家niwatori氏が新造艦イシュタルの耐久試験をしているらしい。
そいじゃーちょっと俺もやってみっかー、と実験用に作ってあったトルネードに1400mmQuake弾を満載して出てみる。
ドックアウトの瞬間からなんか変な歓声があがるが気にせずトリガーを引く。
いえね、ほんとにね、1発撃って船体ダメージでも入って話のネタにでもなりゃいいかなーと思ったんですよ。
だから1発しか撃ってないんですが。

まさかの一撃轟沈。
てことでこの実験艦、実用化決定(白目

え?戦果?
イシュタル1隻だけでした。

ところでSchereau氏のレポートが輝いていますが。
なんだか知らんけどEVEBETが大流行しています。
敵不在の戦争でも警戒態勢を維持しなければならない極限状態から来る心の病でしょうか。
posted by Ken Ballad at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]