2017年02月27日

ジャンプドライブを鼻歌交じりで?

quotemraz_title.png

いやいや・・・10分待ってサイノに落とす技、これに対して某所でリアクションがあったというタレコミがあったので、私も反省しました。「ある程度の監視」を、漫画でも読んでたまに沈んでないことを見て、あっ大丈夫、なんていう軽い運用されて沈んだら寝覚めが悪いです。Quote Mrazです。

もちろんですが私は、ストップウォッチ片手に「頼むから通行人来るなよ」と祈りながら画面を見ていました。
サイノシュラルフィールドは星系中から見えますし、誰かが来た時点で場所が特定されたという可能性が生じます。つまみ食いをためらわない人ならその時点ですっ飛んできてサイノは撃沈され、移動は失敗。素通りした場合は「彼はすでにジャンプ移動が終わった後の残滓だと思ってスルーした」「これから飛んでくるであろう何らかの船を想像し、隣で舌なめずりをしている」「そういうのに興味がない善良な探検家かなにかである」「今日はそんな気分じゃない」「正直面倒」などのいくつかの選択肢が生じます。しかしサイノが出た時間まではわかるはずもないので(出すときにローカルに人がいなければ)、2つ目なら何らかのチラ見が高確率で起こるはず・・・。いや、起こってほしい。

人が来た場合は、その人が一体どーいう人か、サイノを見てどう判断したのか、やる気なのか、危険はどのくらいあるのか、そのあたりを様々な情報から想像してみる必要があるでしょう。仮にその人がSS5.0でも、お友達は悪い子かもしれませんし。
仮に最後の最後まで人が来なくても、よし飛ぼう!と思った瞬間に飢えた戦闘屋が来て飛んでくるなんていう最悪の状況も想定され、必ずしも100%の安全を保証するものではありません。最後の最後まで人が来なくて、ジャンプ後に即サイノが消えて、それでも人が来なくて、自分は遮蔽してサイノ艦を逃がしてしまえば、一応安全です。一安心ですね。

結局のところ、明確なマニュアルなどができるはずもないことです。最終的には自分の判断と、運で左右するのです。

結局のところどこまでリスクを取るか、という問題ではあります。ヤバいと思ったら飛ばないようにすれば、本体の安全は保証されますし。液体オゾンの予備さえあれば、スカしてワンチャンスを狙ったほうがよいかも。

そらそうだろうと思っていても、やはりちゃんと伝えなければならない、端折ったら伝わらないことはありますね。本来はジャンプ移動お疲れで日記書こうかと思ったところを、いらないハプニングねじ込んで来やがってあのWH海賊どもめ。慌ててネタにしたら突っ込まれたじゃねーか。
私しっかりやってますよ!って言う言葉も、空母沈めた今はむなしい・・・。あとPvP屋さんの意見は貴重です。彼らはやるといったら必ずやりますし、できると言ったらすでに経験があるのかも。


これだけでは何なので、マニアックな動画でもご覧ください。


Eve Online - Longest Warp Distance, Titan Edition



283.3AUというゲート間が非常に長いNull-Secを、Amarr TitanのAvatarがひたすらワープするという動画。

もうちょっと評価されてもいいと思うんだ。この、にじみ出る静寂。貴船から鞍馬までの山道をのんびり歩いているときのような落ち着いた気分になれます(個人の意見です)。


さあ、引き続き、社活動のアップデートのために細かいことを色々やっていくとしましょう。
posted by Quote Mraz at 00:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自爆ってものがEVEには有ってだな....
Posted by カプセラ at 2017年02月27日 12:03
自爆したらネタにならないじゃないですか。

ちなみに空母の最後を画像でお見せしようと爆発の瞬間をバブルの中待っていたら、カプセルが割れて撮れませんでした。
Posted by Quote at 2017年02月27日 21:39
ステーションや味方のシタデルが無いシステムでは自爆サイノを使うのが一般的です。サイノ艦で自爆を開始し、自爆10秒前にサイノを点灯すればジャンプインしてくる船がポップする頃にはサイノビーコンが消えているという方法です。このやり方なら10分間画面と見つめ合う必要もありませんし、位置を取られるリスクも減りますよ。
優秀な海賊はそれでも位置の特定やタイミングを合わせてワープしてきたりしますので油断は禁物です。
Posted by Valmet at 2017年03月01日 02:25
そんな方法が・・・。
あらゆる意味で、自分の知識が古いですね。
Posted by Quote at 2017年03月02日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]