2017年10月08日

開始時のチュートリアルミッション(インセプション)

quotemraz_title.png

アルファクローンの辛いところは同時にキャラクターを起動できないことです。なので集中してガッチリと自分に鞭打ってさささ〜っと今回は書きました。間にPIのメンテや遺物、WH探査などを含めたりもしましたが。
Quote Mrazです。

さて・・・ちょいちょいヘルプchとかでチュートリアルで詰まった人が現れ、しかし熟練者はそんなチュートリアルをやったことが無い人ばかりなのでどうしたもんだ・・・というシーンが最近よくありました。
EVE JAPAN NEWSのTwitterのところなんかでも「詰まってます」という話をリツイートしてたりして。これは社会問題ってヤツですね。

というわけで、今回はチュートリアル関連の見直しも含めてひとしきりページを作ってみました。

開始時ミッション(インセプション)

これが案外ボリュームがあり、読んでみればストーリーも結構濃密です。そしてやはり、スキル関連やアイテムの使用などで「こりゃ詰まってもしょうがないよ」というところがチラホラ。わずか3カ月ほどの間に追加されたと思しき要素もかなりあり、さらに日本語化サポート停止後のところは容赦なく英語です。これで詰まる人が少しでも減ってくれたらと思います。
ストーリー関連のところも作っておきましたので、熟練者の方はあのあたりも読んで全体を把握し、さも自分もやったかのように知ったかぶりしてください。

例:「探検のところ攻略し終わったら次は国家の艦船が色々集まってるところに行くんだけどさ。ああ、その直前にアウトポストあるじゃん?アウトポスト。あれはもう建てられないんだよねえ

万が一日本語化が完全に終了し、チュートリアルが完全に英語化してしまった場合に備えてできるだけ英語の補足をつけておきました。この機会に英語ってものに親しみましょう。だが基本台詞のところは英語だからさすがに私程度では聴き取れませんでした。単語ならまだしも文章はまだ。私はアンチャーテッド4をやったとき、パナマあたりの監獄や、ヘクター・アルカサル達のスペイン語の台詞で唯一聞き取れたのがVamos(行くぞ)だったというトラウマ持ちです(謎)。英語圏の実況者さんがやってるのを聞いててもほとんど何言ってるのかわからねー・・・。

まあそんな話はいいとして、とりあえず英語をチェックするために英語で1周、日本語で一周、撮り逃した画を撮るためにもう1周、画像を加工したり文章を書いていたりする間にステーションにいると、驚くほど勧誘が飛んできます。これもまためんどくさいですね。まさかあっちもこちらがチュートリアルをまとめてるとは思わないでしょうが・・・。

・直接の個人会話:4回
・コーポレーションへの参加依頼(直接送る奴):3回
・勧誘メール:3通
・突然送られてくる金銭:1回(250,000 ISK)

熾烈ですね。
もちろんB-OSPも社員募集中ですが、会社を探すときは色々とチェックしたり、話を聞いてみたりしてから入るのが一番だと思いますね。EVE ONLINEは能動的であるべき派です。誘われたから入った・・・というのがきっかけで化ける方ももちろんいると思うのでそちらも否定するわけではありませんが・・・難しいことだ。

WIKI的にはリファイナリーの前にある程度シタデルやモバイルユニットに手をつけたいところですが、ミッション周りも強化したいです。そもそも画が変わった船舶あたりもちょっと手を入れたいところではあります。
少なくともリファイナリー前にリアクションの画と、あとサイフォンの画を撮っておかないと。
posted by Quote Mraz at 03:44| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]