2018年07月10日

Mr. & Ms. EVE 申し込み始まる! そしてPlanetary Interaction

quotemraz_title.png

Mr.EVE&Ms.EVEイベントの公式ウェブサイト

今日から申し込み開始です。さてどんなかわいこちゃんが今年は集まるのか・・・。気軽に参加してみるのがいいんですよ。こういうのは。
人の好みなんてわからないもんです。ただし、そんなのをものともしない超絶イケメンもいますけどね。
完敗なのさ。




さて、今回色々とUIが変わった惑星開発(Planetary Interaction)の関連記事を、とりあえず全体的に修正してみました。
2015年にKen Balladさんが書いてくれて以来ノータッチだったので、この機会に全体としてKenさんのタッチを残しつつ、私好みに書き換えてみました。


今回のPIの修正、ざっくり言うと「惑星開発における手順を簡略化する」というのがメインですね。確かに工場を設置した後ですぐに回路図の設置、からの搬出ルート設定と、細かい操作をショートカットするようになっており、慣れるとポンポンと設置できます。1つの惑星に基地を作るの、これなら半分くらいの時間でいけそうです。

中でもこれ。

製造情報(開発惑星一覧)の見方

今まではただの惑星リストだった表示が大幅にパワーアップし、何よりもうれしいのが「問題が発生していることを通知してくれる」という機能です。

基地や施設を設置した後に、ルートの誤りや資源の設定もれがないか、チェックする時間はもう要らないということです。これに結構時間がかかっていました。豆知識なんかには、それによって起こりうる問題を防止するためのテクなども書いたわけですが・・・これは人為的なミス(資源の搬入忘れとか)をチェックするだけになりましたね。

そしてこの一覧でチェックできる以下の2つがでかいです。

エクストラクターが止まっている問題(再設定が必要)
貯蔵庫が資源で溢れている問題(ヤバイ)

いちいち惑星モードにしなくてもこれらがチェックできるのは大きいです。製造情報をチラッと見て「ああ、そろそろ更新か」とか「おかしい、こんな時間に問題が出るはずはない、さては溢れたか・・・」という感じに状況を即座に掴めるわけですから。普段のチェックの手間が段違いです。


加工惑星造り


このページはわかりにくいかな・・・そもそも加工惑星は利益と効率を考慮すると結構難しいです。掘って加工して打ち上げて売ろう!というのとはまた違った楽しさがあります。わからない場合は「わからん!」と言ってくれたら直します。



そもそも今回のPIは全体的にちょっと・・・。
今までは「最終的にP2品を作って売ろう!」というストーリー仕立てで流れが書いてあったんですが、それを全部削りました。悩ましい選択です。

私の感覚として、惑星開発は決まりきったことをするものだ、という考え方は危険かなと思ったからです。P1品製造基地を作ろう、あるいはP3製造基地を作ろう(半加工惑星)とした場合、応用が効くようでなければまずいです。司令基地の仕組み、施設の仕組みと設定方法、エクストラクターで効率よくインダストリー施設に合わせて掘る仕組み、資源の処理時間とサイクルごとの産出量、トータルの産出量における処理ロスの計算、高速移動を駆使した加工惑星構築などなど。
実際私は、惑星開発というのはわりと上級者向けコンテンツかと思っています。基礎を理解して、惑星などの状況に合わせてしっかりプランニング、基地の構築と産出物のマネジメント、そんなコンテンツだからです。ひとつとして同じものはない、とまでは言いませんが、道なき道を進むコンテンツ。いいですね。

しかし「ごたくはいいからP2の基地を作って稼がせろ」という考え方もわからんでもないです。そのためにいわゆる「惑星開発のサンプル」みたいなページを作ったほうがいいのかな?しかしそれは結局のところ、基本をしっかり理解していないがために効率が悪く、本質を理解していないがためにすぐ飽きてしまうのではないかと・・・。個人的にはぜひ基本を理解した上で、惑星開発の基地を自力で作ってほしい。

そうなると今度は、今回修正した(P2作ろう物語を削った)記事で、プレイヤーたちは本当に自力でP2製造基地を作り上げられるのか?ということが不安です。

P2を作るからそのための高性能インダストリー施設をメインとして、付随する2つの標準型インダストリー施設を配置し、さらにそこに資源を供給するエクストラクターを配置し、適切な資源を掘ってインダストリー施設群に供給、そして最終的に製造したP2を発射台に集めて打ち上げ、ここまでたどり着けるのか・・・?

今回修正した記事は基本的な、例えばインダストリー施設のこと、発射台のこと、エクストラクターのこと、それぞれ個別の事柄についての記事です。何度か読み返して、これらを接続するための情報というものが必要かどうか、よく検討してみたいと思います。

あるいはこんなことが書かれていると知識を繋げて理解しやすい、というようなご意見もお待ちしております。
posted by Quote Mraz at 01:23| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]