2019年04月04日

閑話休題 機能的な宇宙船

quotemraz_title.png

アライアンスフリートの一員となり、東部リージョンの地上げに従事する日々。これは呼び水なのだ・・・きっとね。
ここを中心に、勢力図が書き換わる・・・。

----

さて、薄い薄いと言われるガレンテ連邦が誇る大型艦載機母艦のニクスさんですが、実はカメラを寄せてみると意外と肉厚があります。

nyx1.png

3300mを超える全長に加え、左右に広がる部分が大部分を占めるためにそう見えるだけで、中央部分だけに限れば戦闘機ハンガーとして十分な容積が確保されているのがわかります。かまぼこ型に膨らむハンガー部分と、その直上にある戦闘機発艦部分、飛行甲板としても使用できる平面的な中央部分と、その後ろにそびえる艦橋部分。空母として必要な要素を全て兼ね備えた上で、全体としては王笏を模したデザイン。いかにもガレンテらしいことに芸術性と実用性を見事に兼ね備えています。

nyx2.png


他には、カルダリ連合が誇るワイバーン。ワイバーンは4層に分けられた発着エリアを持ち、そのうち上2層は後方に突き抜けています。

wyvern.PNG

中央上部から見下ろすと戦闘機のリフトがあり、3、4層目は戦闘機ハンガーに直結していることがわかります。つまり通常の空母と同じく、無用な方向転換を避けた効率的な補給・補修エリアが1、2層、前後から着艦できるのが2層目で、3層目、4層目は前方における着発艦をこなす、カルダリらしい合理的なデザインです。ワイバーンの戦闘機回転率はさぞ高いでしょう。

ちなみにカルダリの艦載機母艦であるキメラは唯一前方への発艦口を持たない艦載機母艦です。キメラの戦闘機発着エリアは艦船上部にあります。もともと輸送艦であったカイリオラを改修して作られたというキメラが空母として合理的な発艦口を持たないのは、逆に艦船の成り立ちを深く感じさせてくれます。

chimera.PNG



ミンマター共和国のヘルは、古き良き宇宙船の面影を残すステキなデザインです。ぜひ後ろから眺めてみましょう。

hel.png


実は私はヘルが結構好きで、艦載機母艦のボーナスの大幅変更前、Wikiのかつての説明にもちからが入っていました。

本来であれば艦載爆撃機を大量に展開して戦っていくはずの大型艦載機母艦において、ヘルは異色の存在だ。リモートアーマーリペア、リモートシールドブースターにボーナスがあるのである。
そんなものはニドフッグラーに任せておけばいい、と誰1人として言わなかった結果、ヘルは完成した。もちろんこの艦は艦載爆撃機を展開できるし、リモートECMバーストだって装備できる。ボーナスが無いというだけでマター人のあふれる愛は止まらないのだろう。



今現在は戦闘機の速度にボーナスを持つ強力なキャリア―です。ヘルは中央下部に大きく口をあけた戦闘機ハンガーを艦船前方上部下部の装甲板で守るスタイル。なおかつ横から見ると、マターの獰猛なサメをモチーフにしたそれはミンマターらしさを出しつつもシャープであり、戦場を食い破る気概に満ち満ちています。



アマー帝国のイーオン?

ごめん、今真面目な話してるから・・・。


----


イーオンの着発艦エリアは前方の構造物の間にひっそりと存在します。

aeon.PNG


ガレンテ人的にはいかにもな飛行甲板のエリアをもう少し活かしたく思い、そうするとアーマー艦だということを思い出して精神が不安定になります。
カルダリ人は紳士的なので常ににこやかな態度を崩しません。
ミンマター人は酒場にいけばイーオンとプロビデンスリージョンのジョークで盛り上がっています。


アポスルを見ればわかるように、アマーの艦船デザインは特に宗教や皇族が絡んだときに最高潮になります。イーオンはそろそろ移民船時代の船体を改修し、華美さと戦闘能力を両立させたデザインに生まれ変わるべきなのです。


セレスティスの次くらいに、CCPさんどうぞよろしくお願いいたします。



posted by Quote Mraz at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]