2019年06月28日

侵略イベントの恐怖あれこれ

quotemraz_title.png

Invasionアップデートで一番後回しにしてきた当のInvasionについて、わかっていることをまとめました。

トリグラヴィアンの侵略(Triglavian Invasion)


さて、この新コンテンツ(またはイベント)は、性質が似ているサンシャインカージョンと比べてサイト外の敵が非常に多く活動しているのが特徴です。スターゲートや惑星、ステーションの周囲などに多くの敵がいることがあり、即攻撃をしかけてきます。当初はそんなハグレ艦隊に対しても多くのカプセラ達が付け狙い、片っ端から破壊していました。

それが現在のところ、それらの敵は若干放置されがちです。サイトの開放が進んで数が多くなったのと、敵艦隊からルートしたりサルベージしたりするTech 2トリグラヴィアン艦船の素材が供給によって値下がりしたのが効果を発揮し、捕捉するのに手間がかかるハグレ艦隊は人気が下がったというわけです。

結果として侵略地域は、通行することが危険な地域と化しました。いかにカプセラたちが治安を守っていたかということです。トリグラヴィアンはワープ妨害も行ってくるため、高いHPで押し通れそうなフレイターなどは最も危険な艦です。ワープ妨害に耐性を持つ重トラであれば、ワープ妨害の数次第では抜けられるでしょうが、リスクは大きいでしょう。

正直、この流れは予測できませんでした。ハグレもいい感じに狩り続けられるのかと思えばまさかサイトが増えることで相対的に人気が下がるとは。そういう情報は(特に初心者さんとかは)掴んでいないと大事な船を失うことにもつながります
この反省を踏まえて「航行時に割けるべき事柄」とかそういうページも作ろうかな。


----

さて、次第に進みゆく侵略ですが、先日ヌル・セキュリティ宙域を中心に大きな出来事がありました。トリグラヴィアンに目の敵にされているご存知ドリフターズの艦隊がヌルセクに大量に出現し、あろうことかストラクチャに対して攻撃をしかけてきたのです。同時にドリフターズ艦隊はヌルセクのローミングを開始。運悪くスターゲートに居合わせた艦を粉砕し、各勢力を恐怖のどん底に叩き込みました。

ドリフターズ。ちょっと前に登場し、WHやアビサルデッドスペース以外ではあまりメジャーでもなく、すでに通過された存在かと思われていましたが、実際のところ本物のドリフターズ艦隊はマイクロ・ドゥームズデイデバイスと一般に呼ばれる超兵器を戦艦の分際で搭載し、その火力は本物のドゥームズデイデバイスに引けを取りません。照射されると艦載機母艦クラスでも防御がなってないと一瞬で破壊されることがあります。100隻クラスのドゥームズデイデバイス搭載艦を相手に無事でいられる勢力は多くありません。

これもトリグラヴィアン侵略の謎のひとつなのか?
それとも、圧倒的勢力で僅か1か月強でリージョンを1つ落としたGoonswarmに対するCCPのデウスエクスマキナ発動なのか?

様々な予想が飛び交うなか、これもまた重要なのは「ドリフターズ艦隊侵攻地域において、下手に出歩くと死ぬ」ということです。


公式などで1から10まで情報が出そろわないEVE ONLINEにおいて、情報を収集する能力がいかに大事か。ガセネタを見抜き、身の安全を確保しましょう!
posted by Quote Mraz at 00:52| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]