2019年11月08日

昔乗っていた戦艦、ハイペリオンを研究する

quotemraz_title.png


ガレンテの誇るタフな格闘戦艦、ハイペリオン(Hyperion)!

hyperion.PNG


グラフィックが強化されてから乗るのは初めてです。ハイペリオンはLv4ミッションランナー時代、クロノスに乗り換えるまで長く乗っていた船。I was thereなかっこよさに魅かれたのは疑いようもありません。

そのころはまだ戦艦スキルすらLv5には遠く、タレットのT2も使えず、ドローンの大型も使えず(これはかなり後まで使えなかった)、FITの経験も少ないという中で試行錯誤を繰り返してミッションを回していた頃です。
同期に比べればかなり遅いペースで・・・これはトレーニングがてら半年くらいのんびりLv3を回していたためですが・・・ガレンテの3種の戦艦を3種とも沈めて、4隻目のFIT。今回はそれの方向性を再現してみました。

[Hyperion, Hyperion]
Large Armor Repairer II
Large Armor Repairer II
Damage Control II
Imperial Navy Energized Adaptive Nano Membrane
Imperial Navy Energized Adaptive Nano Membrane
Reactive Armor Hardener
1600mm Steel Plates II

Gist B-Type 500MN Microwarpdrive
Cap Recharger II
Cap Recharger II
Cap Recharger II
Tracking Computer II

425mm Railgun II
425mm Railgun II
425mm Railgun II
425mm Railgun II
425mm Railgun II
425mm Railgun II

Large Capacitor Control Circuit I
Large Capacitor Control Circuit I
Large Auxiliary Nano Pump I

Hobgoblin II x5
Hammerhead II x15

Iridium Charge L x3000
Plutonium Charge L x3000
Antimatter Charge L x4000
Optimal Range Script x1
Tracking Speed Script x1


まさかのミッションランニングでのツインリペア・ハイペリオン。おそらくどちらかといえば真似してはいけない類のFITです。コンセプトは「ハードナーの切り替えが面倒だからリペアとリアクティブで耐えよう大作戦」。いかにも脳筋のガレンテ人らしいFITですね。

当時は425mm Prototype Gauss Gunあたりを積んでおり、今回は弾だけはT1にしてみました。キャパシタスキルが低かったためまったく安定せず、リペア、MWD、いずれも回しっぱなしにできないためこまめにON・OFFを切り替えて運用していました。
もちろん3基を同時に動かすと30秒ほどでキャパシタが尽きるので、敵の攻勢が激しいときをツインリペア、あるいは逃げの一手のMWD+リペアで乗り切り、キャパシタを節約しながら戦います。

MWDがGist B-Typeという、いわゆるDED品を積んでいるのにはもちろん理由があります。このFIT全てをT1・T2で組んだ場合、どう組んでもMWDのキャパシタ量へのペナルティがきつく、キャパシタ安定性に致命的な問題が発生していました。GistなどのDED品はこのペナルティがかなり軽く、どうにか動かせる程度になるというわけです。
当時のお値段でおよそ8000万ISK(80M)。安い買い物ではありませんでしたが、当時奮発して買いました。

同様にImperial Navy Energized Adaptive Nano Membraneも奮発することでの安定性を狙ったものです。これは1枚3000万くらいとこれまた結構なお値段がしていましたが、私はこれが結構好きなのでいろいろな船に採用しています。

実際のところこれを使ってどうだったのか?といえば、戦艦Lvが4になったあたりでLv4をなんとか回せるようになり、Lv5に上げたあたりで安定して回せるようになりました。エンジェルEXの6層目や復讐、通行妨害などのヘビーなミッションもこれで乗り切ったことを思えば、まあまあなんじゃないですか?もちろんもっと楽に回せるFITはあります。ひじょーにポジティブにとらえれば、ミッションを回す際の操作・位置取りテクニックを鍛えるのには最適な船でしたね。

もちろんもっと楽に回せるFITはありますよ。速攻で距離を取らないと沈められていたエンジェルEXの6層目、クロノスは微動だにせずに耐えますのでね。

リグのLarge Auxiliary Nano Pump I、そしてTracking Computer IIはとりあえず改良してみたポイントです。ハイペリオンは使ってはっきりわかるほどトラッキングが弱く、トラコンは当時も採用していました。なお、どうしても無理な場合はブラスター+ウェビに載せ替えて突撃して処理してたはずです。スキルがMAXになった今、インプラも積んだらリペア1個ならこのFITで安定しましたので欲をかいてみました。


さて、当時の記憶によるならこれは「スキルが整っていない初級者がLv4ミッションをなんとか回せる程度のFIT」であるはずです。

しばらくはロケの間これに乗り、ハイペリオンの運用と当時との差を体感してFIT方針なんかの改善点を洗い出してみる予定です。



なお、今のところ・・・2個目のリペアを回したことはありません。

posted by Quote Mraz at 02:27| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]