2020年04月22日

コアファイターの実用性

quotemraz_title.png

戦艦に搭載されたフリゲート・エスケープ・ベイ。誰もが一度は考える「フリゲートで脱出(出撃)して小型の敵を撃破する」という必殺の手段はとれるのか!

フリゲート・エスケープ・ベイ(Frigate Escape Bay)


ひとつ注意しておかなくてはならない情報があり、脱出はともかくその後の「搭乗」は、プレイヤー艦船にターゲットされていると行うことができないという制約があるようです。今回の実験の主題もそこで、NPCがターゲット(攻撃)してきている場合にどのような挙動を取るのか。


うわあ、ビームレーザーのトラッキングがちゃんとしていない戦艦でうっかり懐に潜り込まれてしまって距離を取るためのMWDも対処用のドローンも無いぞーどうしよう(棒)。

corefighter1.png


そこで華麗にフリゲートで脱出!敵の処理を試みます。


corefighter2.png


フリゲートどころか巡洋艦すらこれで片づけてしまったわけですが、こいつはアマーの誇る強襲型フリゲート、レトリビューション。DPSは300ちょいで防御もそこそこあるという、言ってみれば約束された勝利であるように思えました。しかし実際のところはターゲットの切り替え時や方向転換時のまぐれ当たりなどでかなりHPは削られています。

戦艦で小型艦が処理できない、という悩みはむしろスキルや技術がまだそこまで育ってない新人カプセラが持つものです。初心者の目線で見るなら、これは「約束された事故死」というところでしょう。


ただし、いい情報もあります。ターゲットされていた場合にどうなるかは、実際のところ微妙な判定でしたが、何度か繰り返してみると明らかにNPCが戦艦を攻撃し続けている間に搭乗できることがあります。

NPCの挙動は、フリゲートが脱出後に戦艦を攻撃し続けることはなく、即座にこちらをターゲットし直す動き(予想)をしてきて、全ての敵からの攻撃を受けます。ドローンなどをバラまいても同じ。どうやらNPCの優先度は「中身入り艦船(あるいは中身入り艦船のドローン)> 中身なしの艦船やドローン」になるようですね。

corefighter3.png


つまりまとめると

・フリゲートで飛び出すと、全ての敵は戦艦を攻撃するのをやめる(と思われる)ので、戦艦がすぐに撃沈される可能性はない
・ただしフリゲートが落とされると、今度は戦艦がターゲットになる
・そして全ての敵は、フリゲートをターゲットにする



実際におすすめできる運用としては、まぐれ当たりなどが怖いので、この手段で小型艦を落とす前になるべく大型・中型の艦船は減らしておくこと。そしてそもそもこのやり方をメインとして採用しないこと(世の中にはドローンという素晴らしいものがある)。

ただし、明らかに場違いな難易度のミッションに突っ込んでしまってワープ妨害をかけられてどうしようもない、という場合には、やらないよりはやった方がいいです。戦艦の延命にもなりますし、相手のタゲを一瞬切ることで被ダメを減らす効果も望めますし、もしかしたら逃げるチャンスも生まれるかもしれません。ワープ妨害のやつだけをうまく落として悠々、というのも相手が近ければ即落として即戻るという技も可能でしょう。

そして最初に述べたやり方で、乗り逃げを防止する・・・と。まあ最初のやつは私もやったことない、また聞きの情報なんで実際のところどーなるか、今度試してみたいところですね。

posted by Quote Mraz at 00:58| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]