2020年05月31日

トリグラヴィアンの致命的な侵略

quotemraz_title.png

5月末のアプデでトリグラヴィアンの侵略チャプター3が開始され、New EdenではトリグラヴィアンとEDENCOMという防衛組織がしのぎを削っています。簡単に言うと各星系でこの2つの勢力のどちらかを落とし続け、またサイトを攻略し続けていけば、その星系への影響度が変化していくという感じです。


しかし実際のところ、心情的にもシステム的にもなんとなく人はトリグラヴィアンを狩ってしまうようなシステムになっています。今までの侵略がそもそもトリグラヴィアンとの闘いであり、またアビサルデッドスペースなどで散々戦ってきた相手でもあります。また、トリグラヴィアンは敵NPCを示す赤色、EDENCOM側は中立NPCを示す白色のアイコンで表示されており、どちらが撃ちやすいかは明白ですね。また、トリグラヴィアンの影響下ではリペアの効果は上がるもののワープ速度が落ち、ターゲット可能数も半減し、さらに致命的なことに星系のセキュリティステータスが低下します。逆にEDENCOMの影響下では採掘速度にボーナスがかかるなどうれしいことばかりです。

実際多くの星系ではEDENCOM側が優勢であり、すでにEDENCOMの圧倒的影響下に置かれているところもいくつかあります。しかし、現在1つの星系でそれが覆されています。それがRaravoss(ララボス)星系。アマー帝国内にある星系で、主要な産出物はアイス鉱石です。

raravoss.PNG


現在この星系ではトリグラヴィアンが優位となり、30日の時点ですでに第一段階、31日には第二段階になり、第三(最終)段階も秒読みになっています。ララボスのセキュリティステータスは0.6でしたが、ペナルティによって0.3に低下(ローセク化)しています。


何も考えずに、まずは観光をしてみましょう。何より目を引くのは恒星に向かって何かを照射し続けるトリグラヴィアンの建造物Dazh Porevitium Transmuterです。

dpt.png

説明文を読むと恒星を時空間操作によって別のものに変質させているようで、現代の人類の技術では何が何やらさっぱりわかりません。トリグラヴィアンは本来の住居であるアビサルデッドスペースの環境を星系内に現出させることには成功しているので、その上で恒星をいじることに一体どんなメリットがあるんでしょう?特異点でも作っていて、完成すると周囲の宇宙空間が惑星や恒星ごとアビサルデッドスペースにのまれていき、トリグラヴィアンの領土爆誕!!!となるんでしょうか。

プレイヤー海賊の介入により、おそらくララボスの陥落は避けられないでしょう。結果的に何が起こるかで、このチャプター3の侵略の様相は変わっていきます。「なんだかんだでトリグラヴィアンを狩って色々ゲットして宇宙を守って大団円」から「戦略的に星系を変化させることで世界そのものをガラッと変える」に変わるかどうか・・・。

判断要素はいくつかありますが、EDENCOMに完全に制圧された星系はそれ以上のステータス変化が起こらず、従って最終段階まで至ったトリグラヴィアンの影響下の星系でも、それ以上のステータス変化は起こらないと予想されます。ただこれだけのことでも、アマーのアイス採掘地のひとつであるララボスが失われることはヘリウム同位体やアマー燃料の流通に大きな影響を与えるでしょう。

これについてはとりあえず現状は見守ることしかできません。その上で、この先を考えてみましょう。


「トリグラヴィアンは青色の恒星を中心にして侵攻している」という調査結果が出たレポートが存在します。トリグラヴィアンが本格的に重要な星系を狙ってくるとしたら?これを青色の恒星に絞って考えてみると、いくつかの有名星系に心当たりがあります。

Ohide(オハイド)、これはアマーからレンズに向かうハイセク航路上の途中にあり、あちこちにうまいこと繋がっている星系で、そこからサスタまではほとんど脇道がない一直線のルート。そしてNiarja(ナイアルジャ)、言わずと知れたアマー・ジタ航路の要衝です。この2つの星系を押さえるだけで、アマーは他の国にハイセク経由で移動することができなくなります。セキュリティステータスも比較的低いので、侵略されて落ちたらローセク化は確定です。

Jita(ジタ)も青色の恒星です。言うまでもなく宇宙最大の交易圏の中枢で、仮にここをトリグラヴィアンが侵略したら宇宙初・全ての勢力が手に手を取り合う・・・が見られるかもしれません。とはいえここは0.9、仮に致命的な状態になってもローセクにならない以上(少なくとも現状判明しているペナルティでは)、最終的には復旧するでしょうし、ペリメーターをはじめとする周辺の星系がそれをカバーするでしょう。しかし、混乱は確実に起こります。

ストーリー上で面白いところではYulai(ユーライ)、ここにはCONCORDの本部があります。トリグラヴィアンがCONCORDを攻め、その結果CONCORDが負けることで全ハイセクのCONCORD監視網が機能不全になり、最終的には来るもののその反応ははるかに遅くなる・・・なんてことになったらまた面白いことになりそうです。


まさかそんな・・・というようなことも「結局プレイヤーの手に委ねられているんだよ」と笑いながらブッこんできそうなところがCCPの良いところであります。いずれにせよララボスの侵略の結果、それはすぐに出るでしょう。乞うご期待です。
posted by Quote Mraz at 23:58| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]