2020年06月11日

観光で行くなら要注意!闇に沈んだララボス

quotemraz_title.png


ララボスがFinal Liminality(ファイナル・リミナリティ)の段階に到達してしばらく経ちました。変わった時はDTを挟んでも何も変わっていなかったので、ステータスの変化だけではない何らかの変化要素があるんでしょうね。例えばワールドアークが到来するとか、他に何かのストラクチャができるとか。さすがに無いとは思いますが、これが最終段階ではない、という可能性すらまだ残っています。


さて、ララボス。完全にトリグラヴィアンの世界に落ち、暗く沈んだ宇宙空間です。そして注目のストラクチャですが・・・。

観光に行く場合は注意してください。


triginvasionlastchapter17.PNG


観光に行こうとしてDazh Porevitium Transmuterへワープすると、このStellar Transfer Conduitの傍に出ます。この周囲ではどういう理屈かワープができません
近くにトリグラヴィアン艦船がいれば戦闘を強いられますし、悪しき欲望に満ちたカプセラがいるかもしれません。非常に危険な状態です。

ではどうすればいいのか?というと、このコンジットをくぐるしかありません。くぐると、Dazh Porevitium Transmuterへ到達します。一種のアクセラレーションゲートのような役割を果たしているようです。このあたりの空間の層構造は、今後起こりうる何かを暗示しているようでたっぷり考察してみる余地がありそうですね。
もちろん、通過した後も油断してはいけません。


Dazh Porevitium Transmuterは完全に展開され、恒星から激しく何かを吸い上げています。


triginvasionlastchapter18.png


triginvasionlastchapter19.png


瞬間、私はフリゲートにカプセルまで吹き飛ばされたので、現状はここまで。ララボスは完全に鎮静化し、滞在する人も数人から十数人程度ですが、このように観光客を狙ったワルも多く存在します。


ぜひ一度見ておくべき場所ではあるものの、マイクロワープドライブなどの安全策を必ず取りましょう!ここはゼロセキュリティ宙域なのですから!!!

posted by Quote Mraz at 07:40| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]