2020年08月15日

ワームホールを巡るロケ

quotemraz_title.png

当時の話。ワームホールの知識もあまりない私はワームホール屋の熱意に押され、IDと質量に関するデータをまとめてページにしました。それに加えてワームホールのグラフィックとオーロラ(フレア?)の色のデータも・・・これはロケを行うだけのちからが不足していた私はUNI Wikiから転載させていただいておりました。。その後、ワームホールのグラフィックは何度か変更され、このデータは完全に古い状態のまま放置されていたという経緯があります。

まあそれを今回、ScreenToGifというツールを導入したのをきっかけに、ワームホールを巡って全て撮ってまいりました。サイズを指定したらそのガイドをそのまま次の撮影に仕える(場所も合わせたまま)なので非常にこれが便利でして。ワームホールに視点を合わせてだいたいの拡大率を合わせたらそのままパシャリです。


WH識別方法


観察して気づいたのは、ワームホールが「どこから見ても同じように見える」のではなく、ちゃんと映る像も立体的になっており、見る方向によって違った風景が見えるということ。これはワームホールが立体になったいつぞやのアップデートによるものだと思われます。古いワームホールの知識からアップデートされてない人は同じように思っているかもしれないのでそこは注意です。つまり1方向から見た画像を載せておいても「おい、見た目ちょっと違うじゃないか」という批判が起こりかねないのですが、そこはまあそういうものだということで。色と映っているものを経験的に選り分ける助けになれば幸いですね。

また、ワームホールにはこちら側にある天体や現象が映っています。ワームホールを覗くと太陽のようなものが見え、これは長らく「あちら側の星系の太陽なんだな」と思っていましたが・・・これはこちら側の星系にある太陽が映っているということがわかりました。それも、あたかも眼球に光が入り込んで奥に当たるように「奥の境界面」に投影されているんですね。フシギですねー。どういう形の自然現象なんでしょう。特殊天体であるブラックホールなど光を発しないものはまた違う映り方(歪んだ境界面に写り込む)をします。マグネターや赤色巨星などは太陽と同じ映り方をするでしょう。これは見ててもなかなか飽きないポイントですね。


さて、この「ワームホールには接続先の星系の景色が映る」という現象をもとに「通過する前に行き先のリージョンがわかるのか」という疑問があります。もちろん誰でも「ああー空が赤いからこれミンマター方面」とか「緑だからガレンテね」という簡単な識別は可能です。
ではこれは、見た瞬間に「ああ、これはドメインだね」とか「これはザ・フォージだね」というところまで識別可能なのでしょうか?

先に触れておくと、この研究は実用性がありません。
ワームホールを抜けるまで向こう側には察知されない・・・というのであれば実用性もあったかもしれませんが、新しく発見されたワームホール周辺にワープアウトした時点で反対側のK162穴が開く・・・と言われています。結果的に通過の有無に関わらず、反対側に人がいた場合は「あーシグネチャ増えたなWHかな」と察知されるわけで。しかも結局最後には穴を通り抜けてみないと向こうの状況はわからないという。完全に趣味の研究です。

ただ、この識別はなんとなくですが可能である、という手ごたえもあります。
これはInsmother(インスマサー)リージョンに抜ける穴のGIF画像です。

to_Insmother.gif

Insmotherにある特徴的な天の川・・・のような星の集まり、緑、黄色と微妙に色が違う3つの星雲、これらは全て、現地の星系で周囲を見渡してみれば確認できるものです。目立つ空なら可能?とはいえ、パッとヘイマターとメトロポリスとモルデンヒースの画像を見せて「これどこのリージョン?」と聞いて答えられる人が皆無なんじゃないのかなというところもあり、やはり実用性は乏しいクイズ用ですね。

全64リージョン全てをサンプリングでき、目に見える差異が観測できるようならページにまとめて公開するかもしれません。
posted by Quote Mraz at 17:59| Comment(2) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Qさん見てるよ〜!
ベンチャー乗って人んちのWHでガスを盗掘してたのが懐かしい。
Posted by 古い知人 at 2020年08月18日 21:43
ありがとう。WHの盗掘ロケをやろうとしたら運悪くセントリー付きで一瞬でベンチャー吹き飛んでお蔵になった私です。
Posted by Quote at 2020年08月21日 02:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]