2020年12月09日

日本語化、サポート開始!(あえて何回目かは触れない)

quotemraz_title.png


記念すべき12月8日にEVE Onlineがついに日本語サポート開始!!これは素晴らしいですね。なんか昔もあったような気がしましたが・・・その直後の頃の日本語交流チャンネルのメンバー数はだいたい500前後、それに比べて今回は軽々と2500人を超えてしまいました。冬休みだ、ロックダウンだと環境的な要素はあったかもしれませんが、いやはや、注目度が段違いです。

それに伴い、宇宙ではあちこちで花火大会も開催されています。

2020.12.08.14.14.23.png



これは今回のために作られた、桜を模した花火だそうです。CCPの発射限定なので、運が良ければ配信などで見ることができます。茶色の光がにょきにょき伸びて、最初は一体何なのかと。

2020.12.08.14.19.41.png


さて、今回の日本語サポートで今まで英語だった部分が日本語になっています。これに伴って、艦船の性能が変わったときに反映されていなかったり、新しい要素がそこだけ英語になったりといったものが修正されています。それはぼちぼち手を入れるとして・・・。


ざっくりと大きく変わり、混乱を生みそうなところを抜粋すると以下の通りです。

・精錬所(リファイナリー)以降のストラクチャが和訳された。で、アタノールが「アサノア」になった。
・トリグラヴィアンはトリグラビアンになった。気が向けば直すがトリグラヴィアンの方が響きがいいのであえてそのまま行くセンも
・先駆者の船は「プリカーサー」に。武器は「エントロピックディスインテグレーター」に。
・他にも「ヴェドマック」とか「ロディバ」とか艦船名も微変更。
・スカルペルこと「外科用メス」さんは修正されなかった(※根強いファンがいる)


他にもインプラント名や変異プラスミド、新しいモジュールやスキル、かなりの細かい部分を調整しなければ検索などで泣きをみることになります。「アンシブレックス」ジャンプゲートがアンシブレックス・ジャンプゲートになっているような微微微微微修正は見なかったことにする予定です。
なお、チュートリアルなどは全て和訳されているため、そこで詰まる人も減るでしょう。


ちなみに、真っ先に直したのはドローンの挙動です。これは日本語化のインパクトの影に隠れていますが今回のアプデで実装されたもので、「アグレッシブ」モードを対NPCではなく対プレイヤーにするというもの。今までこれに頼り切りだった放置採掘屋は、時代の波に乗り遅れると無残に死にます。

※追記
ドローンのアグレッシブ関連の変更は、さすがに初心者にキツすぎる修正だったためか、すぐに撤回されました。現在は元の通りの動きをしています。




さて、しばらくは文言修正の日々ですかな。
posted by Quote Mraz at 04:35| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]