2020年06月21日

Gallente Federation National Day!!

quotemraz_title.png

この期間はまさに、ガレンテ連邦設立237周年記念!!!
運よくログインした人は、特製の花火やステキなガレンテ連邦ロゴの入ったシャツや帽子を受け取ったことでしょう。こちらのおなじみ「ギャラクティック・アワー」でも取り上げられています。

GALACTIC HOUR NEWS ROUNDUP: GALLENTE FEDERATION DAY YC122 EDITION


期間中、といっても22日までなので明日までですが、Luminaire(ルミネール)、Villore(ビロア)、Dodixie(ドディクシー)、Lirsautton(リアサトン)、Alentene(アレンティーン)、Orvolle(オルボア)、Octanneve(オクタニーブ)の7星系で連邦海軍の観艦式を見ることができます。

fedDay01.png


これは普段ハイセクで生活している人も、カッコよくて強力なガレンテ艦、特に主力艦などを間近で見ることができるチャンスです。現地はタイタンがビーコンになっており、FNS〇〇という名前のところに飛べば見ることができます。なお、花火をタイタンにカマせばスキルポイントがもらえる的なイベントもあったようですが、残念ながらこれはうまく動いていなかった模様。

他にもいくつかのプレイヤーイベントがあり、時間を合わせて色々回ってみました(朝5時)。
というかこの時間に開催されるはずのVenture Racingを観ようと張っていたのですが、どうも場所と状態が良くわからないまま終了してしまったようで残念。「2人くらい出場者が来てない」とか叫んでたので「あー、ちょっと延期?」とか思ってゴロゴロしていたら終わってしまった・・・。まあKAMIKAZEや容疑者もウロウロする危険な状況でのレース、あまり大々的に場所を放送できない都合もあったんでしょう。


他にもハイペリオンやドミニックスの艦隊がパレードしていたり、あちこちで花火が炸裂していたり。shu君がハッとするようなポートレートコンテスト、Ms, Mr, and Mx Federationが開催されていたりしたようです。Mxが入っているあたりがやっぱりガレンテ。

fedDay03.png


fedDay02.png



他にもいろいろなイベントサイトなどがあり、全ては回っていませんが・・・せっかくのイベント。明日までは開催しているのでぜひ観光気分で出かけてみましょう。
posted by Quote Mraz at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

いつの世も、MMOの基本は公式ウェブサイトチェック

quotemraz_title.png


EVE Onlineは英語ベースだからか、日本語圏の人々はあまり公式ウェブサイトをチェックしないようです。多分に漏れず、ちゃんと公式サイトは頻繁に更新されており、様々な情報に溢れています。

英語が苦手な人も読めない人も、ここだけはチェックしておけというところをお伝えしておきましょう。一応開催中の公式イベントなんてページも作りましたが、基本は公式の引き写しになりますよ。


Articles(記事)

ここが「最新ニュース」です。例えばNPCサイトが出現するようなイベント、PLEXセール、デイリーキャンペーンなどはここに出ます。毎日ここをチェックしておけばWikiを見なくてもOK!
というか私はあまりマメにはチェックしてないです。思い出したようにチェックします。

他にも「DEV BLOG(開発ブログ)」では、新しく実装される予定の機能などについての話が投稿されるので、たまにチェックすると大きな動き(例えばシタデルのような大きな変更とか)を確認できます。


Patch Note(パッチノート)

ここは修正や新しい機能のアップデートなどが行われたときに投稿されるものです。パッチは基本的には毎月、第二週の火曜日に当たる・・・と言われていますが、結構前倒しになったり遅れたり、月曜や水曜に当たったりします。わりと適当です。

また、厳密に月ごとに分かれていないこともあります。例えば4月のアップデートが4月に記載されないこともあります(3月のにくっついて投稿される)。そして時々素敵な名前つきのアップデートになります。



他者を出し抜くには迅速な情報収集から、ということで、ここの2か所はマメにチェックするようにしましょう。
posted by Quote Mraz at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

プレイヤーの金策にSurgical Strike 続き

quotemraz_title.png

なんかいくら何でもおかしい気がしたので聞いてみたところ、MS Rattingには遠距離型の重戦闘機を使うんですってね!なんとなく近距離型の大火力でポーンする繰り返しがMS Rattingだと思っていたので(ガレンテ脳)、性能を見てみればそりゃそうだって感じなんですが、目からうろこ。それで「遠距離型の重戦闘機の爆発半径が50%増加(ダメージが落ちる)」なんですね。

というわけでもう一度飛んでみました。今度はちゃんとアマー製の戦闘機積んでいきます。

test01.png


遠距離型の戦闘機はいいですね。MWDがついてないから出したり戻したりに手間はかかりますが。加えて遠距離型だからどんどん船から離れていくので若干扱いづらいです。戦闘機の皆さん、母艦を20kmオービットしながら攻撃してくださいよ。

test02.png


・・・。

これ、落ちてるのか?


軽戦闘機であるテンプラーの倍から3倍、ヤバ目でもだいたい同じくらいのダメージ。ド初心者の私にとっては、どうも十分なダメージがまだ出てる気がします。ワンチャンこれ、まだ修正当たってないまであるのかな。Super Carrierというのは運用するには非常にお金がかかりますが、正直軽戦闘機相当の自立機を5部隊展開できるなら、私なら使います。しかも重戦闘機4つ展開できるなら、一方的に攻撃することすら可能になるのでは。


キャプチャ7.PNG


今まではもっとヤバかったんだよ!というなら話は早いです。これはいわゆる「ブーブー言いながらも慣れる」案件じゃないですかね。


さて、ここでもう一つの要素である「支援戦闘機が使用不能になる」点について触れておくと、つまりはワープ妨害型駆逐艦なんかにタックルされたとき、船体にまとわりつく彼らをサイレンとかドロミとかで追いかけて叩くことができなくなるということです。不便といえば不便。その他、実際に使っていて危険を感じたりした人には、またこの修正が致命的なものに見えてるのかもしれないですね。

MSが平時お役御免になって空母が増えまくり、タナトスの値段がまた爆上がりして私の涙がちょちょきれるのかと思いましたが、これは案外いけるかもしれません。
posted by Quote Mraz at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする