2020年04月12日

プレイヤーの金策にSurgical Strike

quotemraz_title.png


4月15日に適用される予定のSurgical Strike UpdateがSisiに当たったと聞いて、ちょっとお試しをしてきました。というかSisiが復活したのがかなり久々の感じ。たぶんこのアプデに関するあれこれでいろいろやってたんだろうなと思います。何せNPCからレジスタンス系モジュールから何から全面的に変更が入るかなり大がかりなアップデートです。
さて、レジスタンス系モジュールの弱体化がPvPシーンにおいてどう変わるのか、今まで200隻級のHAC Fleet同士が激突しても数隻落ちるかどうかのような現状は変わるのか、というのはまあ来てからじっくりと実感するとして。とりあえず今回のアプデでおそらく最も多方面に影響を与える「大型の艦載機母艦に関する変更」を追ってみました。


Null-Sec金策の行き付く究極のところ、Super Carrier、通称Mother ShipによるRattingです。何よりも強力なのが重戦闘機の展開。軽戦闘機でも戦艦などを普通に落とせますが、重戦闘機は本来主力艦用だけあってダメージ量はその5倍。重ねれば戦艦でも一瞬で破壊されていきます。その分小型艦には弱いのですが、それは脇を固める軽戦闘機があっさり破壊してくれるというわけです。戦艦・巡洋戦艦で多くが構成されるNull-Secの戦闘アノマリーを数分、十数分で攻略せしめるその効率たるや、時給は200,000,000 ISK/hとも300,000,000 ISK/hともいわれます。


さて、それがこう変わります。詳細はまだ不明ですが、こんな感じ。

・簡単に言えば「TitanとSuper Carrierは対主力艦用の使用に限定される」ようになる
・支援戦闘機(Support Fighter)は使えなくなる
・重戦闘機(Heavy Fighter)は1部隊多く使えるようになる
・遠距離型の重戦闘機の爆発半径が増加(50%)
・近距離型の重戦闘機の速度が50%増加

最後のはまあ対主力艦戦闘時にお役立ちとして、他はどうでしょう?5個あるトンネルのうち、4機を重戦闘機、残りはとりあえず軽戦闘機、これは打撃力としてはかなりのものです。速度も上がって、PvPで使うだけなら何か希望すら持てそうではありますが・・・とりあえずこれをPvE、つまり普段のRatting生活で使ったらどうなるのか?そこがよくわからない。というわけで実際にSisiでSuperを駆り、お試しをしてみました。

test1.png


私基本的にNull-SecでRattingとかやらないので、手持ちの戦闘機がDelve向けではないところは今回見逃してもらうとして、戦艦に5部隊けしかけてみたログがこんな感じ。

test2.png

この明らかにCyclops(サイクロプス、重戦闘機)の方がダメージが出ておらず、というかFirbolg(ファラボルグ、軽戦闘機)の半分以下、下手すれば1/5です。戦艦でこれなので、巡洋戦艦などは言わずもがなです。なお、この数値はドローンや戦闘機のタレットのトラッキングを上げる全方位トラッキングリンクを2基積み、トラッキング増加でブンまわしている状態。まあ戦闘機のダメージにこれがちゃんと効いてるかどうかは、実は疑問の余地があるんですが。戦闘機はタレットに爆発半径とかついてて、実は”必中”だという説が。全方位ガイダンスコンピュータ持ってこい。まーせっかく載ってたからおまけということで。

キャプチャ7.PNG


さて、実際こうやってどうにも結果が出ているわけなんですが、実のところ現状はスペックの表記はまったく変化していないので、いったい何がどうなってこうなっているのかよくわからない状態です。普段やってないから、実は「こんなもんなんですよ」と言われても信じそう。

実際に何がどう変化してくるのかは、アプデを待つしかないというところになるんでしょうかね。
posted by Quote Mraz at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

中国語の艦名クイズを作った。

quotemraz_title.png

RRことRanger Regimentと肩を並べて戦ったり、敵性アライアンスがFRTことFraternity.だったりして、最近中国語をローカルチャットで目にすることが増えました。EVEのクライアントに中国語は無いはずですが、どういう風にして中国語のやつを適用してるんでしょうね?中国語版のクライアントを流用できるのかしらん。

挨拶だとか煽りあいだとか、あるいはなんかの契約売りだとか、そういうものはスルーしてもいいのですが。たまに貼り付けられるキルメール、これはなんかこう「イケてるキルメ」だとしたらちょっと見たいです。しかし、英語ならともかく中国語でポンと貼られるとこれがまったく何なのかわからないという問題が。

一応ルールはあって、中国語での艦船名は「〇〇級」という形式であるようです。


さて。


漢字が読めれば、明らかに「これはアレだな」というものもあります。例にあげるなら、女妖級(ハーピー)とか、夜鷹級(ナイトホーク)などです。もちろん、わけわからんものもいっぱいあるので・・・。
読むトレーニングの一環として、中国語を訳すクイズを作ってみました。

レベルは「超簡単版」「初級」「中級」「上級」の4種類です。どちらかといえば、初級より中級の方が簡単かもしれません。

なお、EVE Onlineは中国語訳すると「星战前夜」であるようですのでそれがタイトル。


星战前夜(EVE Online)の中文訳クイズ(超簡単版)

星战前夜(EVE Online)の中文訳クイズ(初級編)

星战前夜(EVE Online)の中文訳クイズ(中級編)

星战前夜(EVE Online)の中文訳クイズ(上級編)


いやー、さすがにクライアントの中に普段存在しない中国語。たまーに出すクイズにはパッと答える歴戦のカプセラ諸兄も、さすがに分が悪い模様。ほとんどの問いの正答率は高くなく、中には余裕で0%のものも存在する模様。超簡単版ならおそらく余裕ですが、それ以外のやつを満点取れる人は出るのか!乞うご期待だ!

なお、中にはいくつか「これ絶対間違えるだろ!!」というようなひっかけ問題も混ぜてあります。でもしょうがないんだ、だって実際そうなんだもん。


クイズ挑戦者が増えるにつれて、ちゃんと正解率が表示されるので、皆さんどしどし挑戦してみてください。
posted by Quote Mraz at 01:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

激動する北部とその後の個人的な予想

quotemraz_title.png

だいたい私のプレイスタイルはステーションでゴロゴロしながら何か書いてるか、Sisiに籠ってデータ取りや画像撮りをしているか、あるいはつまみ食いのようにGoonswarmのフリートに出ているか、そんなところです。ところが最近はこれが忙しい。それは北部の3つのリージョン(ブランチ、テナル、デクレイン)を支配下に置いていたGOTG、Guardian of the Galaxyというコアリション(アライアンスの集合体)に対して複数の勢力が宣戦し、侵攻を開始したからです。
TESTことTest Alliance Please Ignore、Pandemic Horde、Northern Coalition.、そしてFraternity、さらにはSiege Greenを始めとする諸勢力。唯一ハブられたGoonswarmを始めとするImperiumの諸勢力は、GOTG側を助ける形で戦力を投入することに。ここら辺は政治的なものがいろいろあったんでしょうが。

・Fraternityは強い
Fraternity(FRT)と殴り合うフリートに参加すると大変です。タイムゾーンが合ってるからかすごいぐいぐい来ますし、ギラ、トルネード、ドレカヴァク、その他諸々の層が厚いフリート構成、防衛に回ればすさまじい瞬発力の主力艦ドロップ、さすがいまだ急成長中の強豪アライアンス。

それだけでもきついのに他にPanfam、他にも大量にいるとくれば、今日の北部の状況は避けがたいものであることは誰の目にも明らかな状態でした。TESTが侵攻中のデクレインの様子は知れず、いくつかの小競り合いで船を落とし落とされはしたものの、主要な部分では北部は完全に押しまくられました。

結果的にテナルはほぼ失陥し、Ranger Regiment(RR)はGOTGを抜けてImperium側に参加、Caladrius AllianceもGOTGを抜けてFRT側に参加。ブランチの「掃討戦」ももはや結果は明らか、と情勢は最悪に近い状態です。

さあ、これからどうなる?と言われると、実際は不確定要素が多くてよくわかりません。高度に政治的な部分に触れる権限もないし・・・。


・避けがたい「GOTGの解体」
私としては、この先をぼんやりと予想したいんですが、実際どうなるんでしょうね?戦力投入を伝手としてRanger RegimentがImperiumに加入したものの、じゃあ皆で領土に引っ込みましょうね、とするとどうにも土地が狭い気がします。もし他にも転んでくるところがあれば、いっそのこと全力を投入して侵攻を押し返し、北部を「Imperiumの勢力下で」回復しまえばよろしい。しかしそれを妨げているのが、南の巨獣、Test Alliance Please Ignoreの存在です。ここがデクレインを攻めている限り、下手なタイミングで戦力を投入するとLegacy vs Imperiumという怪獣大決戦が始まってしまいます。南方で激突してしまえば完全に他の思うつぼであり、これはさすがにお互い避けたいのではないかと。
結局、一度GOTGが完全に解体され、TESTが手を引くか、政情がきれいな状態になるまでGoonの本格的な戦場は無いと私は思っています。そのあとで何か大きなお題目のもと、春あたりに戦い始めるんではないですかね。

それにしても、どちらにしても、TESTがどう動くかがまったくわからないのでなんとも。


・理想的な戦い
もちろん私は、ImperiumとLegacyがケンカせずにいて、Imperiumは「新規参入アライアンスのために北部の奪還」、Legacyは「東南部の平定」に乗り出し、PanfamとFRTの勢力圏を削ぐ戦いが起こるのが一番いいとは思っていますが、はてさてそれもどうなることやら。

最悪の状況は、TESTが完全に敵対し緊張状態になった上で北部を完全に鎮定され、新しく増えた人たちとの内部不和、土地不足により大変な状態になることかなとは思っています。
そうならないために、北部の状態が混迷を極めており、まだ足掛かりとなるストラクチャ群が残っている状態で、GOTGが解体され、その上で北部平定に全力を傾けたい!とは思うんですが、実際アライアンスの人たちがどう思っているか、それは謎に包まれています。


はたしてGoonは戦うのか、乞うご期待!
posted by Quote Mraz at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする