2018年06月07日

Into the Abyss!!  キホンの「ホ」

quotemraz_title.png

一応こういうページも作ったけどごくフツーのことしか書いてないです。
Abyssal Deadspace(アビサル・デッドスペース)攻略メモ

名前も攻略から攻略メモにした・・・。Abyssal Deadspaceの情報を紐といていけば、そらそうだろう、といったところの情報。UNI WIKIより引き写した情報の方が有益かなー。



さて、いくつか攻略についてのデータも取りました。世の中、前評判通り万能巡洋艦イシュタルちゃんが優勢らしいですね。他のHACならサクリッジとかムニンとかかな?対抗馬と目されていたギラはCPU不足によるFITの組みづらさから敬遠されている模様。

私もやってみた。

[Vexor, Vex-type tech 1]
Medium Ancillary Armor Repairer
Medium Automated Carapace Restoration
Damage Control I
Upgraded Armor Thermal Hardener I
Upgraded Armor Thermal Hardener I

10MN Y-S8 Compact Afterburner
X5 Enduring Stasis Webifier
X5 Enduring Stasis Webifier
Medium Capacitor Booster I

220mm Medium 'Scout' Autocannon I
220mm Medium 'Scout' Autocannon I
220mm Medium 'Scout' Autocannon I
220mm Medium 'Scout' Autocannon I

Medium Nanobot Accelerator I
Medium Auxiliary Nano Pump I
Medium Anti-Kinetic Pump I

Hobgoblin I x9
Hammerhead I x8

Phased Plasma M x3256
Nanite Repair Paste x152
Cap Booster 200 x24


イシュタルだと思ったか?残念、俺だよ!しかも見ての通り、装備は全てTech 1で揃えてみました。ガレンテ巡洋艦にオートカノンを載せている時点でアルファアカウントでは無理なんですが・・・結果的にハイブリッドタレットでも大差は無かったです。載せ替えるならブラスターにちょっと射程が長いプルトニウム弾とアンチマター弾、あるいはデュアルレールガンあたりで地味にダメージを重ねるくらいかな。正直ブラスターではオートカノン以上に立ち回りが面倒だし。
機動性能、位置取りの能力的にアフターバーナーよりマイクロワープドライブが主流だと思うんですが、その上であえてアフターバーナーをチョイスしてみました。正直Tech 1のベクサーでは、MWDを止めたら死ぬと思ったので。

DPSは250くらい。EHPは14,000くらい。


弾もドローンも、そして防御も、全てをサーマル(ついでにキネ)で揃えて、ツインリペアと速度で耐えつつ、これでPlasma Firestormを順繰りにクリアしてみようという趣向です。


4,5ができるはずはないので、短時間耐えてどこまでいけるか。

詳しく聞かせてもらおう。
posted by Quote Mraz at 02:57| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

Into The Abyss!!  キホンの「キ」

quotemraz_title.png

クマサン最近会ってねーな。



とりあえずちょこちょことThe Abyssに潜ったりしながらロケをして、色々なところから情報をまとめてページを作ってみました。

Abyssal Deadspace(アビサル・デッドスペース)について


これがキホンのキ。とはいえ、重要なのは時間制限とかの情報、外に出たら死ぬ点、戦利品をしっかり回収しよう、それ以外は各デッドスペースの環境や中にある建物やガスのこと。特徴をすすっと頭に入れるためにチラっと見てみるといいかも。

各デッドスペース内を美しい画像でご紹介しようかとも思ったんですが、そこまでは別にいいかな。続きは自分の目で確かめてくれ!


Mutaplasmid(変異原プラスミド)の使用


すでに結構な量が市場に出回っている変異原プラスミド。Plasmまで読んで「プラズマ」とか言ったり、全体の印象から「プラズモイド」とか言っちゃったりしますが「プラスミド」です。超バイオテクノロジーですね。

ハイセクなどの撃墜の心配が少ないところ、あるいはちょっとの性能の差が明暗を分けるPvPシーンなどですでに使用されているAbyssal Tech Moduleですが、スキルは漏れなくTech 2に該当するものが要求されるというのがキモかな。

インジェクター全盛期。最近ほとんどの人は「スキルが足りないからTech 2使えないや」なんて感覚とは縁がないのでしょうけど、アルファの人がなけなしのお金でMutaplasmid買って変異成功したあとに地獄に叩き落されるかと思うと警告せずにはいられない。



あと、先日の「他人のAbyssを探知する」ですが、Tier1~3と4,5ではエフェクトが異なるという情報を仕事中にポチポチ見ていた英語の記事で発見したので、追加しておきました。


黄色のエフェクトが見えたら仲間を呼ぼう!


----

本当は、Tierごとにいくつかのサイトの情報を集め、こんな名称ならこんな敵が出て、これに注意!この建物があるから活かして敵を殲滅!みたいなのをやりたかったんですよ。星系名が意味深なトリグラヴィアン・アルファベットで表示されていて知識欲をかきたてられます。

実際、同じ名称のサイトは同じ敵と環境なようです。


だけど、実際のところ。このサイトのバリエーションは非常に多く、ほぼランダムと言っていいほどだということなのでこのロケはパス。敵の種類やFIT方針などをいくつかロケをしてPIの記事修正に移る予定です。


posted by Quote Mraz at 03:00| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

Into The Abyss!! あるいはRob later

quotemraz_title.png


(Youtube)

この動画を見ていくつかの情報を補強し、パッチノートの抜粋訳を作ってみました。

Into The Abyss アップデート


張り切って作ってみましたが、いくつかの誤りがあったので修正。例えば、Precursor艦専用装備のEntropic Disintegrators(エントロピック・ディスインテグレーター、エントロピー崩壊装置)。和訳はこれでいいのかなー・・・とか考えつつも、ディスインテグレーションは非常になじみがある単語、崩壊だな。それがtorになるから崩壊器か崩壊装置か。語呂がいいから崩壊装置のほうでいいかなー。
これが、当初私は時間によって150%まで上がるもんだと思っていましたがそれは訳し間違いで、実際は150%増加、つまり最大で250%のDPSになる模様。

50%増加でもすごいなーと思ったものですが、これが150%増加となると。ただ、上がりきるまでに結構な時間がかかるため、使いどころはあるな・・・というイメージ。戦艦のLeshakでDPSが2500まで上がると思えばもうサイコーですね。建造物撃ちに使いましょう。

----

さて、とりあえずはThe Abyssのロケをしなくては。

今回のAbyssal Deadspaceについて。どんな船で攻略するか、どんなアイテムがどんな風に出るのか。29日にInto The Abyss 1.0がリリースされて30日にさっそくInto The Abyss 1.1になりまして、フィラメントのアイテムの出方が調整されたようですが。そんなことよりも何よりも私が注目したのは「Abyssal Deadspaceに潜っているときには外からどういう風に見えるのか」という点です。

他人のAbyssを探知する

ALTを巡洋艦に載せて、The Abyssに送り込んでそれを外から撮ったり、プローブで探査したりするロケ。ALTがどうなったかは想像におまかせします。何も知らねぇALTをてめぇだけの都合でッッ!!!

このロケでわかったことは、ビーコンが案外探知しやすいということ。コンバットプローブで探知したときは、探査の難易度Lv2でした。惑星付近で出したこともあり、適当に現在地を中心に0.5AUにしたら一発で100%になりました。それでも後々追跡調査をしたところ、1AUだとまだ強度が足りない感じだったので、それなりに位置は絞らないと、そしてスキャン誤差は小さくしないとダメなのかな?

現状はデータサイトを皆で取り合ってフィラメントを奪い合っているようなレベルですから、実際にAbyssal Deadspaceを攻略する人も少ないでしょう。それでも一度行くと、わりと高い確率でおかわりが出るのも事実。それが市場に流れだし、気軽にトライできるようになれば・・・おそらくある程度悪いことを考える輩も湧いてくると思います。

Lv1とかLv2だと危険度が低いので、その場でおかわり連発なんてのもできるわけで。なるべく、今現在の危険度が少ない時分から、Abyssに潜る位置には注意したいものですね。



・・・逆テキトーなところで潜っているのを見かけたら、襲ってみるのも一興ですね。
posted by Quote Mraz at 01:00| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする