2016年11月09日

やがて消えゆくアウトポストのために

quotemraz_title.png

新しいチュートリアルやクローンシステム、工業用ストラクチャが増えるAssention Updateが近づいてきている中、趣味的な、あまりにも趣味的な内容の記事をちまちま書いているQuote Mrazです。

アウトポスト建造

そう、アウトポスト。ヌルセクに領土を持つ巨大なアライアンスにのみ許された自分たちだけのステーションの建造。そして重要なことに、やがてCitadelやEngineering Complexに押されてPOSと共に消える定めのストラクチャです。一般のカプセラにはあまりにも必要でないこの記事。しかもやがて消えてしまうため、まったくもって現在カプセラをやっている皆さんの中でこの記事をアウトポスト建造に役立てることができる人は皆無でしょう。まったく実用性はありませんので「なるほど、ピラミッドはこうやって作られていたんだね!」というような軽い気持ちで読んでくださいね。ジョビがスターゲートを建造したのと同じくらい、ものがものだけに天上人のコトガラですよ。ピラミッド・・・スターゲート・・・うっ・・・ラーは・・・唯一絶対の・・・ううっ頭が。

正直な話この記事を書けるとはまったく思っていませんでした。領土を得る予定も勢力もない一介のカプセラでは、いや領土を得たところでそこにアウトポストを作るためには軍事・政治面で様々な障害がありますし、また時流にも沿いません。実際に作るならKeepstar級Citadelを建てた方がはるかに役に立つでしょう。作ってみてわかりましたがUIや各種システム、改良、防衛などをあわせて考えれば真空管とトランジスタくらいの差があります。

何より、建てるアウトポストをガレンテにするという点では(特に大量のオフィスが”必要とされない”現状においては!)明らかにアライアンス内部で賛同者は少ないだろうからです!私の可愛い長いアウトポストが世界に出現する可能性はすでにゼロ近似でありました。

Outpost.png

ところがEngineering Complexがテストサーバーに追加された際、スーパーキャピタル建造用のモジュールの装備条件が領有権と大型母艦建造施設(Supercapital Construction Facilities)のアップグレードを擁することだったおかげでしょうか。ヌルセクの大部分の領土が一時的に開放され、空白状態になったわけです。
私達はこれ幸いと近場のヌルセクに領土を構え、領土戦ロケを続けると共に・・・私はこっそりStation Eggを運んで建造を行っていたわけですよ。

私は満足です。これで満足。実際に建てるとしたら私もKeepstar建てますよ。しかしなあ、かねがね思っていたんですがシタデルの内装はカルダリ調で気に食わない。ガレンテはもっと頑張るべきですね。
例えば独自のスターベースの建造を・・・。
posted by Quote Mraz at 02:21| Comment(2) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

価格推移、使ってる?

quotemraz_title.png

マウスが壊れたんですよ。クリックはできるけど、ドラッグ&ドロップができない。つまり押し続けているとランダムで途切れたり、また勝手なクリック状態になったり。修理して予備にするとして新しいマウスをゲットしたくても、都会にまで出なければ。Quote Mrazです。
プローブランチャーの範囲をいじるとか、アイテムを移動させるとか(何度も取りこぼす)、あるいはWikiのための画像をキャプチャしたり、線引いたりするのも非常に大変です。


さて、一昨日10月12日のアップデートで、価格推移のグラフィックが唐突に変更になりました。映像関係「新しいマーケット用グラフ」という部分です。

マーケットの見方 価格推移の読み方

画像を撮りなおし、内容を少々修正。
これ本当にこの時期に必要なアップデートだったんだろうか?EVE ONLINEって結構こういうところあるよね。マイナーチェンジというか。それでも内容としては進化です。

過去の期間に焦点を当てて価格推移をチェックできるようになった
 (今までは当日を必ず含んでいたので、昔をチェックする場合は大変だった)
価格の目盛りを調整して見ることができるようになった。
 (今までは品によって一定に調整されていたので、額が大きいとグラフが大味だった)

とりあえず価格推移を使っている全宇宙でもレアなユーザの方々。「移動平均線がくっついてマジ見づらいわ!何だよこのクソ修正!」と怒鳴る前に、ホイールがついたマウスを調達してきて、ぐるぐる回してみましょう。このマウスのカーソルを当てているところを中心に広がったり縮んだりするという動きに体が慣れれば、もっと使いやすく感じるはずですよ。
若干動きがもっさりとしていますが、そこは今後のアップデートで修正されていくと信じましょう。

ついでに「ドンチャンチャンネル」もそろそろドンチャンチャネルに修正してもらおうかなあ・・・。
posted by Quote Mraz at 00:32| Comment(4) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

プロジェクト・ディスカバリー応援

quotemraz_title.png

知的好奇心の探究こそがEVE ONLINEの醍醐味だよね・・・Quote Mrazです。

本格的なコンテンツであったことが判明したプロジェクト・ディスカバリーの関連ページをとりあえず作成しました。

プロジェクト・ディスカバリー

プロジェクト・ディスカバリーはHPAが提供する実際のヒトタンパク質細胞の染色画像を判定することで研究に役立つという、面白い試み。とてもマンパワーを必要とするこれらの作業をゲームと結びつけ、ISKや分析クレジットを対価として自然な形でシチズンサイエンスを実現しているのが斬新です。

1回の報酬は微々たるものですが、コツを掴んで繰り返せばヘたなミッションなどを軽く超える収入となります。採掘の時の暇つぶし、長距離移動のお供、PvPの待機時間などにちょいちょいやれば良い収入源になるのでは?分析クレジットを貯めていけばアパレルや副作用の無いブースターなどももらえます。
今回作ったページで少しでも分析の助けとなってプロジェクト・ディスカバリー人口が増えると良いですね。

ただ・・・これなあ。実際のところ私は科学専攻してなかったので、細胞の染色と言われてもせいぜいヨウ素液でジャガイモのでんぷんを染めるくらいのもの。トリクローム染色(?)とか言われても・・・いやそもそも、細胞のつくりからして全然わかりませんよ。そのあたりを調べて書いてはみましたが、ぜひとも専門家の方々にご意見をいただきたいところです。いや本当に。EVEだし、研究者の人とか、大学の教授とか、ふつーに居そうなんだけどな。

分析のためのカテゴリ解説ページであるプロジェクト・ディスカバリー:細胞染色やカテゴリーの解説は、見やすいかな〜と思ってあえて1ページにしてみました。画像を結構使う重たいページなってしまいましたので、これ重いよ〜とかそういうご意見も気軽にコメントしてください。最近結構間違ってると指摘してもらえて助かるですよ。ついでに言えば、艦船リストなんかにも自由にコメントしてもらっていいんですよ・・・。

お待ちしています。
posted by Quote Mraz at 11:05| Comment(2) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする