2014年10月08日

Breaking News

SchereauPodiene.png

皆さんこんにちは。
B-OSPNEWS24 特派員のSchereau Podieneが、緊迫する Uedama* システムの状況をお伝えします。


昨日よりなんの通告もなく開始された Uedama* を通過するフレイターや輸送艦に対する無差別攻撃は、昨日20:30以降(日本時間)はその頻度も低下し、収束するかに思われていました。


しかし、CONCORD Assembly* 及び Corporate Police Force* は、共同で記者会見を行い、
Uedama* システムのいかなる場所においても事態の収束を宣言できる状態ではない。と発表しました。

http://gyazo.com/6ebdb832464324e52f76c61db57a2b19
現地時間1:30頃撮影された Uedama* システムシバラゲート付近


今回CONCORD Assembly* が発表した危険宙域は以下の通りです。


Sivala* ゲート近傍宙域
Uedama III - Moon 1 - Caldari Steel Warehouse* 近傍宙域
Uedama VI - Moon 8 - Spacelane Patrol Logistic Support* 近傍宙域


また、 Caldari State* の発表によりますと、
この24時間で Uedama* システムにおいて撃沈された艦船は1472隻に及んでいるとのことです。
この数の中には現地において撃沈された実行犯の艦船も相当数含まれていると思われますが、
状況は、なお予断を許さない状態が続いています。


なおこの混乱のさなか、撃沈された Obelisk* の残骸をよけ切ることができなかった Orca* が残骸に激突するなどの二次被害も相次いで発生しています。

http://gyazo.com/88f7dc38763e3b41f1676db5d6374b06
現地時間1:40頃撮影。


現場からの情報は以上です!
続報が入り次第お伝えします。

特派員 Schereau Podiene
posted by Schereau Podiene at 13:42| Comment(0) | B-OSP NEWS24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする