2022年10月31日

初心者に送る「艦載機母艦」とはなんぞや

quotemraz_title.png

さて・・・初心者チュートリアルとして今回作ったのは、まさかの艦載機母艦ガイド。ニクスを使った戦闘機などの使い方についてです。




・・・初心者向け?


とはいえ艦載機母艦。最近はヌルセクやワームホールに拠点を置くコープが多く、何ならわりとポンと乗ってしまう人もいます。襲撃型戦艦やイシュタルの方が扱いやすいって?それはそう!でも世の中にはロマンってものがあるんです。

----

艦載機母艦は、簡単に言えば「戦闘機」という、ドローンの親玉みたいなやつを使って戦闘する艦船です。ドローンは「攻撃」だけですが、戦闘機は武装が複数、推進力モジュールもあります。また、ワープが可能ということもあり、戦闘の幅は大きく広がっています。
実は戦闘機が「艦載機クラフトドローン」だった時代、逃げた敵をワープで追っかけていったりしてくれたことすらあります。今はもちろん、そんなことはしてくれませんが、本体が逃げ去った後にワープで追ってきてくれるのは楽ですね。

戦闘機を「選択して指示」というのに慣れてしまえば動かすのは簡単です。あとは戦闘機が落ちないように心を配るだけ。

----

迫力あるジャンプドライブのシーンや、大型艦載機母艦特有のバーストプロジェクターやタクティカルカプセラリクローナーの起動(※こいつがグラフィックいかれてたのが残念)も撮れたしOKかな。えっ初心者向け?という船のチョイスで、実際にそういうツッコミが来るかとは思いましたが・・・本格的に艦載機母艦の解説をすると、例えばジャンプドライブの飛距離と燃料消費の話をしたり、戦闘機のダメージについて爆発半径や射程距離関連などの話をしたり、バーストプロジェクターやタクティカルカプセラリクローナーの燃料管理の話をしたり、あるいはFITと艦隊運用の話をしたり、本格的な動画教材になってしまうので、このくらいで初心者向けをうたったのでちょうどよかったかなと想っています。

まあ結局、ニクスかっこいい、だけで良いです。





posted by Quote Mraz at 23:50| Comment(0) | YouTube動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月02日

サンシャ国インカ−ジョンの最も簡単なサイト「サンシャステージング」のソロ攻略研究

quotemraz_title.png

動画の冒頭でもちょっと触れてますけど、元々は「サンシャステージングの適正人数が3〜5で、報酬もらえる最大人数が3とはどーいうことじゃ」という疑問をもとにしています。これがなんかのバグなのか、罠なのか・・・とりあえず英語でも同じだったので、誤訳ってことはないんでしょうが、一体適正人数は何人なのか・・・。

からの、サンシャ国インカ−ジョンのステージングサイトは、ソロ攻略というのが可能なのか、というのが今回の主題です。

サンシャヴァンガードの1〜25(適正10〜15)で1のことはまぁ考えないですが、1〜3の中の1ならまだ可能性がありそうじゃないですか?



物は襲撃型戦艦。今やマローダーオンラインとすら言われるこのご時世、火力が増したマローダーならいけるのではないか・・・と、結果は動画の通りです。

ヴァンガードをおやり!

----

さて、ヴァンガードでは大量のドローンとウェビと火力でひねりつぶしてしまうインカ−ジョンの敵も、ソロだと注意しなくてはならないやつがいくつかいます。

・ニアラジャ:ご存じECM屋のフリゲート。1〜2隻しか出ないが対処は難しい
・オルカシュ:ニュートラライザでちくちく削ってくる
・アンテム:他の4倍くらいの火力
・アルノン:ECM型の巡洋艦。大量に出てくるのでECCMお祈りが捗る
・マラ:リモートリペア艦

いくつかじゃなくて、ほぼ全部ですわ。

ここで、サンシャステージングのサイトも押さえておきましょう。

・プロパガンダクラスター
・前線偵察アウトポスト
・救難ビーコン

このうちのプロパガンダクラスターは、2Wave目でマラ・パレオが5隻出てきて、60km先の5隻のマラ・パレオをどうやっても抜けなかったのでソロではクリア不能という結論に達しました。

今回やったのは前線偵察アウトポスト、では救難ビーコンは?というと、これも同じような感じなんですが、2Wave目にめちゃめちゃ硬いやつが出てきました。アルノンに囲まれてそれを削るのがとてつもなく大変で、これもクリアの先が見えない感じです。

----

まあ、動画でも触れている通りクロノスはブラスターorレールガン。短か長か、という感じなので、正直なところ大型パルスレーザーの最適射程を伸ばして中距離で戦えるパラディンや、わりと射程に囚われない(精度低下で勝負する)ヴァーガーの方がやりやすいようには見えます。パラディンも、実際ヴァンガードでダメージが通るのであれば、そして射程が足りるのであれば、同じような構成で勝負できるのでやりやすそう・・・あれ?もしかして、クロノスって・・・。

----

とはいえ、サンシャヴァンガードは1サイトの攻略が5分強。それで報酬が1サイト10Mくらいなので、時給は100Mくらいです。10人必要とはいえ、ハイセクではミッションなどをはるかに超える収入ですね。対してステージングは1サイトの報酬はアレでした。3人だとおそらくちゃんと3倍くらいになると思うんであれなんですが・・・それでもサンシャヴァンガードの効率に追いつくためには、すさまじい勢いで回す必要があります。つまり、まあ金策としては全然優秀じゃないということはもうはっきり出ましたね。

というわけで、まあよほどヒマだった場合はチャレンジしてみるといいでしょう。





posted by Quote Mraz at 04:16| Comment(0) | YouTube動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月12日

現代のインカージョン攻略シーン

quotemraz_title.png

さてさて、先日は「キャリーインカージョンフリート」というインカ−ジョンや採掘ブリッツの攻略を主に行っているコミュニティの、サンシャ国インカ−ジョン攻略に参加してきました。
最初は遮蔽しながら見学をするだけのつもりでしたが、ヴァーガーを貸していただけたので、ハイセク戦争中にも関わらずDPS枠での参加です。
ハイセク戦争中に高い船を飛ばすのは、良い子はマネしないでね!



SKINはおなじみ、パートナーシッププログラムの特典であるスコープシンジケートSKINです。インカ−ジョン領域では全体が黄色がかって見えてしまうのでいまいちその色合いは活きないのが残念ですね。

----

さて、このインカ−ジョンというコンテンツ。金策効率や艦隊の規模(集まりやすさ)を考えると最もお手頃なサンシャヴァンガード(10人くらいが適正)が人気です。今回攻略しているのもそこですね。基本的にはDPS枠に戦艦を6〜7、回復役として支援型巡洋艦を2〜3隻、可能なら指揮型巡洋戦艦で全体にバフをかけたり、ステイシスウェビファイヤーに特化したロキなどを加えたりします。そんなパワフルな艦隊が必要なコンテンツなの?と思う人もいるかもしれません。しかし、実際のところロジが不慣れだったり、回復力が足りなかったり、あるいはDPS枠の戦艦の防御性能が低かったりすると、恐ろしいことに瞬く間に戦艦などが落ちたりすることすらあります。事実まだ駆け出しの頃はコーポレーションのフリートで参加し、参加者12名中9名が撃沈されるという大損害を被ったこともあります。逆に言えば、適切なダメージの集中、回復支援の瞬発力、サイトを効率よく回るための移動など、いわゆる艦隊運用の練習としては非常に適したコンテンツでもあるということです。

金策効率も時給100Mくらい出ることもあるので、ふつーにミッションとかやってるよりは断然稼げますし!


ただし、久しぶりにインカ−ジョンに参加した私は、同時に「襲撃型戦艦(マローダー)の隆盛」という現実も目の当たりにすることになります。Tech 2の強力な戦艦、当時この船がインカ−ジョン用の船として採用されていなかった理由は、単純に「バッションモジュールを起動すると回復支援が受けられず、自前の回復ではサンシャの攻撃に耐えられないため」でした。そしてさらに単純な話、マローダーは強化されてそれができるようになったので、採用されています。支援艦数隻と同等の回復力、自前の強力な防御性能と耐久力、そしてヴィンディケイターをはるかに超える火力。極端な話全部マローダーでもいいくらいです(もちろん、慣れた人々の適切な殲滅力があってこそですが)。まあ指揮艦は欲しいな・・・。

ヴァーガー強いわ!!

クロノスも強いぜ!!

パラディンも大活躍だぜ!!

ゴーレムでミサイル連射してるだけで全てが終わる!!

まあー艦隊戦の練習としてはちょっと物足りないかもしれませんが、その場合は縛りつけたらいいですよ。金策としてみたら、確かにこのインカ−ジョンは敷居が下がって、非常にやりやすくなっていると言えるでしょう。
ついでに言えばマローダー、ずいぶん安くなったそうです。ううむ、これはもうマローダーオンラインといっていいくらいマローダーマローダーしてます。

ミッションをぐるぐる回すのもいいですが、インカ−ジョン攻略というのも味があるものです。興味がある人はぜひ参加してみては?
posted by Quote Mraz at 20:22| Comment(0) | YouTube動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする