2021年05月20日

インターディクション無効化の微妙なタイミング

quotemraz_title.png

インターディクション無効化、いわゆる範囲型ワープ妨害(バブル)の無効化能力。要撃型フリゲートや戦略的巡洋艦のお家芸であり、ヌルセクやワームホールの移動を非常に便利にしていた効果が、5/18のアプデでモジュール化されました。
簡単言えば、今まで常時発動していた効果がモジュール起動時のみの効果になるということです。

さて、これによってバブルへの対策はどう変わるのか。

今までは「バブル無効でない艦船」と「バブル無効な艦船」の2択でした。そのうちバブル無効でない艦船を捕まえるには、実は一定のルールがあります。それは相手のワープ起動前にバブルを起動するというもの。
スターゲートを抜けた直後の相手を視認(相手がワープ開始した)してからインターディクションプローブを撒いても間に合いません。ドラッグバブルで相手を捕獲する際も、相手がワープを起動してから位置に移動して展開(例えばワープ速度を活かして追い越してバブル展開)しても相手は引っかかりません。あくまでバブルは、相手がワープ開始する前にそこにある必要があるわけです。

なので今回のモジュールも「ワープ開始時に起動しておくと、インターディクション無効化ワープになる」という予測は立っていました。Sisiでその確認をした形です。


・ワープ開始前にモジュールON→ワープ開始時には切れてる:ひっかからない
・ワープ開始前にモジュールON→ワープ中に切れる:ひっかからない
・ワープ開始前にモジュールON→バブルの位置でも切れてない:ひっかからない

・ワープ開始後にモジュールON→ワープ開始時には切れてる:ひっかかる
・ワープ開始後にモジュールON→ワープ中に切れる:ひっかかる
・ワープ開始後にモジュールON→バブルの位置でも切れてない:ひっかかる

・ワープ中にモジュールON→ワープ中に切れる:ひっかかる
・ワープ中にモジュールON→バブルの位置でも切れてない:ひっかかる


という、完全に予想通りの結果でした。このモジュールは「ワープ開始時に」判定を行います。最も簡単な例で言えば、バブルに包まれた状態からワープするには、モジュールを起動してからワープ、というわけですね。


この仕様はヌルセクでの航行にある種の計画性を必要とします。呑気に飛んで「あっ、バブルや!起動!」というわけにはいかないので、ワープ開始前に「到達地点にバブルがあるか?」という点を意識する必要があるためです。バブルキャンプが確実に存在する星系・・・事前の偵察や、指向性スキャンでバブルが確認できている場合、Intelなどで報告があった場合など。
特にこのモジュールは長いリアクション遅延(使用後のディレイ)があります。要撃型フリゲートや戦略的巡洋艦はそれを80%踏み倒すことができますが、輸送艦などはそうもいきません。一度はこのモジュールのおかげでバブルを免れても、追撃を食らえば命はないでしょう。これがあるからヌルセク輸送も楽々!とはいきませんね。

艦隊の移動時も要注意です。フリートワープをかけてバブルを突破する必要があるのであれば、全員の起動を確認する必要があるわけです。全員がきれいに抜けるには、ある程度の練度が必要になるでしょう。

posted by Quote Mraz at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

EVE18周年 カプセラの日 プレゼント企画

quotemraz_title.png

5月はカプセラの日!サイトを巡ったり、18人制のFFAというエグいプルービンググラウンドを楽しんでますか?

そんな中、実は私はあるものを手に入れてしまい、どうするか悩んでいました。それがこちら。


proc.PNG


これは「Procurer Scope Syndication SKIN」。フレンドシッププログラムの5月報酬です。WIKIがフレンドシッププログラムに入っている都合でこれの引き換えコードを沢山もらったわけです。これがなかなか。青と金色で結構オシャレなSKINなんですよ。
前回はラプチャーだったので・・・乗らねーとか言いつつでしたが・・・さすがに今最も求められているタフな採掘艦、プロキュアラーを腐らせておくには惜しい。しかしこのSKINはフレンドシッププログラム関連で使用することが義務付けられており、ホイホイ配ったり売ったりするわけにはいきません。

というわけで、せっかくなのでこれをプレゼント企画にして配布することにしました。
題して「採掘と鉱石スクリーンショットコンテスト

内容はこんな感じです。

・採掘と採掘艦に関する美しいスクリーンショットを #eveonlineと#evejapanminingのタグをつけて「この記事をtweetした投稿を引用リツイートする形で」tweetしてください。
(引用リツイートの件は、5/11追加)

・期限は5月末までとします。
・掘る側を想定していますが、襲う側でもいいということにします。

制約として「グラフィック設定は最高にしておくこと」を必須条件にします。

投稿されたスクリーンショットをこちらで何人か審査員を立てて審査し、選ばれたスクリーンショットはWIKIに「ニューエデンの採掘シーン」というページを作って掲載します。その旨はあらかじめご了承ください。
(なので映っちゃまずいものは隠してください。希望があれば、こちらでボカシをかけたりすることもできます。もちろん秘密は守ります。)

スクリーンショットが選ばれたTwitterアカウントに対して、今回のSKINの引き換えコードを配布させていただきます。枚数に限りがあるので、当選者はおよそ15名ほどになります。当選者はTwitter上で発表することになると思います。
スクリーンショットは何枚でも投稿してください。ただし複数枚選ばれても、貰えるSKINは1アカウントに対して1枚だけです。

その他、何かあれば追加でお知らせします。ぜひ奮ってご参加ください!





ちなみに、スクリーンショットを撮るときはCTRL+F9キーを押すと全てのUIを隠すことができます。その分光の関係で宇宙船が見づらくなることがありますが、そこは腕の見せ所です。

posted by Quote Mraz at 03:49| Comment(0) | 広報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月30日

GoonからPandemic Hordeへ

quotemraz_title.png

Blogの更新を60日もサボっちまったぜ!これはご存じ、Goonswarmが去年7月から当事者となっていたWorld War Bee IIの影響によるところが大きいです。そして私が現在所属しているONCBNはGoonswarmを抜け、Pandemic Hordeに移籍しました。
これによって一体何が起こるのか!

何が起こるの?
正直、私にとってはあまり環境が変わりません。フリートがGoonからPHに変わるだけ。Goonのフリートはかなり刺激的なので毎日出てはいました。PHもそうだといいですね。
しかし周りの人、特に最近始めた人にとっては大きな違いがあります。ご存じEVE Online祝日本語化が来たのはWWB2の最中。おそらく最大の新入社員獲得チャンスであっただろうこの時期、戦争をしていたというのはわりとデメリットです。その分精鋭が入ってきたと思いますが・・・新人さんとGoonのフリートに出てて「アンシブレックスジャンプゲートを通って移動した際、知らなくてすぐに通れなかった」という話があって、あっ戦争って辛いんだな、と。すいませんね、その時すでにDelveにゲート残ってなかったからね!

平和を知らない世代がこれから新しいヌルセク生活をするかと思うとそれは感慨深い・・・。

これからどうするの?
とりあえず、私はどうにもしない・・・ONCBNにおける私の納税率は、脅威の圧倒的最下位。ぶっちゃけゼロだったので。しかしGoonを殴るのも気が引けるなあ・・・。と現状悩みつつも、わりと未作成のページもいっぱいあるのでしばらくはのんびりしてもいいかな。


ぶっちゃけPHはどうなのだろう。私はそれよりも生産関連のアップデートが気になります。大型の艦載機母艦はもちろん超値上がり案件でしたが、結局手放しちゃったなあNyxを。最後の最後まで抱えて、1DQ防衛作戦に投入する気は満々だったんだけど残念。


Goonに残る選択はあった?
今回は何人かがGoonに残りましたが、正直全然アリ。それよりはONCBNのコープを取っただけで、そもそも私はGoonswarmがこのまま負けるとは全く思っていません。Goonの敵方として本拠地を見ると、グリッド内に並ぶ4つのキープスター、フォータイザー、その他諸々。この中にバブルがばら撒かれれば、まさに難攻不落の要塞となります。この間にTESTの領土が消滅するか、戦線を維持できないレベルまで後退すると、PAPI側が瓦解し、戦争理由が消失する・・・という展開も十分にあり得ます。

そもそも今回は別に負けそうだから抜けたわけじゃないわけですし・・・最後まで戦い抜いた後に、決着がついた後に抜けるでもよかったと思うんです。まあ、限界だったというのがあるんでしょうね。

さて、これからは多少マメにBlogの更新をしつつ。新しい生産の関連や、PHの生活などに触れていければと思います。
posted by Quote Mraz at 00:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする