2020年11月04日

Proving Groundに入ってみた

quotemraz_title.png

トリグラヴィアンの侵略イベントが完了し、惜しまれながらも消えたAbyssal Proving Groundですが、今回のクリムゾンハーベストで復活しました。私としてはイベント中限定の仕組みを作っているほど余裕がなかったんので静観していたわけです。しかし今回のイベントで復活したことで「これはこれからもちょくちょくイベントで復活して来る奴だ」と悟り、ここにページを作っていくことにしました。

そうなるとどうなるのか。つまりは内部に入って様子を見てくる必要があるわけです。フィラメントも起動してみたいし、細かいストラクチャ名を撮りたいし、そもそもが実際にどういう感じなのかということを体験したい。これはなかなか人に依頼して何とかなるものでもなく、ちょうどインベントリにサビかけたトリスタンもあったので、気合を入れて入ってみることにしました。


ご存じの通り私はPvP屋ではなく、対人戦闘も対人FIT技術も素人に近いもの。しかしあれですよ。今回はFFA・・・つまりバトルロイヤルです。4人で入り、生き残った人の勝ち。まさか勝てるとも思いませんが、正直漁夫りたい。そんな思いがあってMWDと、今回のイベントでボーナスを持つウェビを2つ積んだアーティレリトリスタンが完成。戦争の出撃の合間を縫ってお出かけすることに。

こちらの作戦は単純。捕まえて殴る(ガレンテ脳)。


2020.11.02.15.04.12.png


フィラメントの起動などのいくつかの写真を撮り、フリートや距離などフィラメント起動制限のデータをいくつか取って、いよいよ侵入。正直手が震えます。許してほしい。


相手は!!

トーメンター
(※素人にはFITが想像できない)

パニッシャー
(※頑丈なのはわかるし実はNight Cap君のアーティパニッシャーを予習してきた)

ブリーチャー
(※トラウマが蘇る。高速で飛んでライトミサイルをばらまく、たぶん一番ヤベー奴)



距離は数十キロとわりと余裕のある配置であり、私はとりあえず他から距離を取りながら様子を見ることに。さあ、どう出る?って・・・トーメンターがドローン出して向かってくる!!!いきなりの開戦です。他へ行け!!!

震える手でこちらもドローンを展開。まずは距離もあるし相手のドローンを処理することに。しかしこちらのドローン(5機)がドローンを狙いだしたのを悟ってドローンを引くトーメンター。非常に心臓に悪い。しかしここで今度は高速機動するブリーチャーがドローンを狙ってきました。ドローンを狙うために離れたドローンにライトミサイルが集中し、損耗。このあたりはやはりFFAに慣れてないせいか、戦闘の流れがつかめません。

トーメンターが再びドローンを出して突っ込んできたので、今度こそしっかりとウェビの距離に引き付けて処理。ドローンを失ってやけになったのか本体が突進してきたので、今度は本体を捕まえて殴ります。くそっ、近くをブリーチャーが遊弋しているのが見える・・・とかやっていたらトーメンター共々フィールドの外に飛び出し、慌てて戻るという謎ムーブ。さすがにトリスタンのドローンで殴り続けていたら相手も耐久が限界か。それを読んだブリーチャーも漁夫ってきて火力が集中し、トーメンターを撃破。しかしこの間にもドローンが狙われ、削られていきます。


こうなったらやるしかない!!と・・・まあ後から考えればこれは悪手だったのですが、時間も限られていることだしやったるか!とMWDをふかしてブリーチャーに特攻。フィールドが狭いせいで何度か相手を捕まえ、殴るも削りきれません。ドローンが損耗してるのでDPSが無いのもあり、そもそも相手の火力も高く、こちらもかなり厳しいダメージを受けています。
何度かやりあって、こちらのドローンが半壊し、逃げ回るブリーチャーと距離を取って補助リペアラにナノマシンリペアペイストを再充填していると、ここで8分が経過してフィールド上にレジスタンス低下の効果が発生。するとさっきまで全く絡んでこなかったパニッシャーがこちらをめがけて突進。くそっ!戦闘の流れを掴めない!!ここで殴っていくのが勝ち筋だったんじゃないのか私!!

パニッシャーはやはりアーティレリパニッシャーで、こちらがMWDを炊いていると当ててきます。ここでドローンが残っていれば・・・(残り2基)全然削りきれず、距離をごにょごにょしている間にまたしてもブリーチャーが突っ込んできて、攻撃が集中してここで私は撃沈されました。



2020.11.02.15.21.47.png


逃げるブリーチャー、追うパニッシャー。時間は3分を切り、2分、1分を切ります。残り40秒くらいになったところで、どうやらパニッシャーがブリーチャーを辛くも撃破したもよう。Conduitが開き、残されたカプセルたちは全て吹っ飛びました。


イベントのProving Ground(実験場)


偶発的ルネッサンスのようなかなり良い死亡写真が撮れたので、これをトップにしました。



結果的にはまあ1隻を撃沈し、残り2隻にやられるという、なんていうか最初から最後まで狙われ闘い続けたような一大アクションをやってしまいました。何、世の中の人たちはこれを何回も何回もやっているのか!!PvP屋すげぇ、と思いつつ、これは確かにProving Groundが面白いです。戦闘の魅力が、同格の船によってよく出ています。これはイベントでやってもらえるなら、参加しない手はないやつですね。


自発的にまた(とりあえず)同じFITを組んで突入してみましたが・・・実はほぼ同じ展開になりました。初手で狙われ、漁夫られて今度はタコ殴りの末死亡。

えっ狙いやすいNoob臭出てる?それとも、Goon殺すべし慈悲はないということなのか・・・。今度はぜひバトルロイヤルでない奴で戦ってみたいところです。
posted by Quote Mraz at 00:18| Comment(0) | Wiki編集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

FITを作るときに気を付ける、性能よりも大事なこと

quotemraz_title.png

結論から言うと、今回の話のミソは「性能を高めるよりも、運用シーンに合わせてFITを作ろう」ということです。もっと言えば「運用するシーンを作り上げて、それに合わせてFITを作ろう」ということになります。


さて、初心者さんが最近増えてきて、ヘルプチャンネルなどでFITの質問を受けることがあるでしょう。10連ミッションを一通りやると(というか軍事(応用)の最後で)駆逐艦というフリゲートよりも強力な艦船をもらうことができます。それに乗って、さぁミッションだ、探検だ・・・とその前に、装備をつけよう、というわけ。

しかし私は「駆逐艦もらってミッションとかやりたいんですけど、どんな防御モジュールつければいいですか?」という質問には非常に歯切れが悪いです。もちろん答えることはできるんですが・・・なぜかというと本質的には私の解答は「別につけなくてもよい」だからです。


----

KAMIKAZEをしろというわけでも、駆逐艦といえばそういう運用というわけでもありません。

駆逐艦でミッションなどをやろうと思った場合、Lv3まで行くとさすがに相手のHPの都合上厳しくなります。この場合は巡洋艦、あるいは巡洋戦艦にグレードアップしていくことになるわけです。じゃあ駆逐艦はLv2くらいですか?と言われれば、Lv1〜Lv2は駆逐艦の性能的には楽勝です。Lv1とLv2はほとんど難易度の差がなく、フリゲートなら差を実感できるかもしれませんが駆逐艦ではほとんど実感できません。

そして駆逐艦のボーナスも影響しています。どの駆逐艦も純粋に「射程が伸びる」であるとか「ミサイルが長く飛ぶ(これも射程アップ)」「ドローンの速度が速い(ドローンが素早く遠くまでいく)」のように、近距離よりもむしろ遠距離の攻撃に向いています。

つまるところ、Tech 1の駆逐艦をミッションなどで使おうとした場合「敵の強さ的には楽勝レベルの艦船で、しかも遠距離から攻撃できる」上に「ステップアップしていくならわりと早くお役御免になってしまう」という生きづらさを抱えていることになります。これが探検だとかWHに特攻したいだとか、そういうことならまた話が変わってくると思うのですが、どうしてもNPCとガチガチ殴り合うよりは「火力と射程強化をマシマシにして、敵が近寄ってくる(攻撃してくる)前にじゃんじゃん沈めてしまえ」という運用スタイルになるわけです。Lv1〜Lv2ミッションはそのあたり非常に優しく、サイトにランディングすると敵が即攻撃してこない=遠距離にいる、という特徴もこのスタイルの運用を容易くしています。


----

じゃあどうしてそれを言わないのか。それはもう、いろいろ必要だからです。
「接近してくる相手を速度で優先順位つけて的確に撃沈していく技術」とか「うまいこと距離を空けつつ射程距離を維持する操船」とか
「素の状態で撃たれてHP減っても、相手のDPSを予想してここまではOKという線を引くことができる感覚」「仮にアーマーやHullまで踏み込んでも平然と戦える精神力、そしてそのリカバリー知識(近くに城塞があるとか)」であるとか「しくじってヤバくなったら素早くワープして逃れることができる技術」であるとか、そもそも「それを可能にするある程度のスキル」もあります。これらの習得は難しいことではなく、何度かミッションをやっていればなんとなくわかってくるものです。しかしもちろん、最初から持っているものではありません。

なので「そーいう技術がまだ身についていないことを踏まえつつ、おすすめのFITは・・・」と考えるとどうしてもいくつか防御モジュールを積むことになります。しかしそれは敵を処理する火力を減らすことで、これは必然、敵からの攻撃を受ける(接近される)ことを許してしまうことになります。遠距離に向いた武装は近距離では当たらなかったり火力が足りなかったりというデメリットが多く出てしまい、それをリカバリするために攻撃に耐えながら距離を取る、というような運用になってしまいます。こうなると何がなんだかわかりません。攻撃に耐えるために火力を減らしたのに、今度は火力を維持するために攻撃に耐えることになっています。


なのでこの線引きは非常に難しいです。また、慣れてくると「操船うまくなって一方的に敵を倒せるようになった。アーマー防御ガチガチに固めているけどちょっと削られたくらいだな。でも今まで撃たれてきたし念のためにつけておこう」と防御寄りのFITに傾倒してしまい、Lv3、Lv4と上がっていく際も耐えなくてもよい攻撃まで耐えるようなことになってしまいかねません。
PvPや探検など攻めのFITに転向するのが難しくなるだけでなく、単純に攻略速度も落ち、収入にも影響してしまいます。


できれば早い段階で「テクニックでカバーできる部分はFITで補わない」からの「FITの効果を抜群にするためにテクニックを使う(戦闘状況を作る)」というところに目覚めてほしいという思いがあり、前述の難しさもあって私の歯切れは悪くなる一方ということです。



もちろん相手が強いので防御をガッチガチに固めなきゃいけない、という場合もあるので火力に特化すればいいわけでもなく、FIT道はとても奥が深いのです。
posted by Quote Mraz at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

日本語フォーラム復活!

quotemraz_title.png

EVE Onlineの日本語サポート復活に伴って、どんどん日本語対応の部分が増えてきています。公式ページなどはまだまだ内部ができていなくて、日本語にするとバグるページもあるようですが、それも日に日に追加されてくるでしょう。

それはともあれ、日本語のフォーラムが復活です。

公式日本語フォーラム


まあ正直私はフォーラムを活用したことがありませんでした・・・しかし、これやっぱり運営側から見たら「この言語圏盛り上がってんな」というひとつの目安であるようです。そのため、ぜひとも特にニュービーの皆さんにこそフォーラムは使ってほしい!

とりあえず何かの投稿に返信をつけてみるのがおすすめです。また、役立ちそうなところで積極的に質問をしていきましょう。


ほな、私は戦争があるので・・・!
posted by Quote Mraz at 03:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする